teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 確かに(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


N響マロさん演奏会

 投稿者:izumi  投稿日:2009年 3月13日(金)01時04分2秒
  13日本日です。席にはまだ余裕があるそうです。ピアノの前山さんもかわいい方です。ロシアで勉強されたとか。マロさんアンコールもきっとたくさん応えてくれると思います。
県劇 19時 2000円(自由席)~4000円。マロさんのバイオリン聴いて損はないですよ!
 
 

映画”ベルリンフィル 最高のハーモニーを求めて”のお勧め

 投稿者:FL爺  投稿日:2009年 3月12日(木)15時33分20秒
  昨日主題の映画を見てきました。
とても良い映画なのでお勧めいたしたく投稿します。
映画は2005年のアジア演奏旅行(北京・ソウル・上海・香港・台北・東京)のドキュメンタリーですが、団員・指揮者へのインタビューが主です。
入団風景から退団まで、音楽家の生立ち・悩み、人生観・信念、団の運営 などなどを通して、ベルリンフィルが世界最高水準の演奏を維持できる秘密を垣間見ることが出来ます。
団員一人ひとりが 一言(ワンセンテンス)で音楽や人生を語っている。
合計するとざっと100を越す。(プログラムには 50の一言が載っている、¥700)
それらの一つ一つに共感したり 感銘したり とても楽しく あっという間に時間が過ぎた。
新市街のDENKIKANで上映中。今月13日までは10:40、15:40、20日までが13:00のみ (上映時間1:50)
是非お出かけください。  以上
 

ドゥダメル指揮シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ

 投稿者:坂本一生  投稿日:2009年 2月20日(金)06時31分52秒
  本日、10時半からNHK教育の「芸術劇場」は「青少年を貧困と犯罪から救え!南米ベネズエラの音楽教育“エル・システマ”が生んだ奇跡の響き」です。

音楽に社会を変える力があることを、今世界で一番強力に示しているのがベネズエラではないか?

必見です(^^♪。


 - ドゥダメル指揮
     シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ
               ・オブ・ベネズエラ演奏会 -

「“ダフニスとクロエ”組曲 第2番」      ラヴェル作曲

「交響曲 第5番 ホ短調 作品64」  チャイコフスキー作曲

「“ウエスト・サイド・ストーリー”
   シンフォニック・ダンスから マンボ」バーンスタイン作曲

「バレエ組曲“エスタンシア”から 終曲の踊り」ヒナステラ作曲
                      (オーケストラ)
  シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラ
               (指揮)グスターボ・ドゥダメル
 ~東京芸術劇場で録画~
 

青江宏明 & 中島萌 デュオ・コンサートのお知らせ

 投稿者:FL爺メール  投稿日:2009年 2月15日(日)18時45分22秒
  FL爺です。
コントラバスとピアノのデュオ・コンサートを ご案内します。
中島萌さんは熊本出身のピアニストです。
おふたりは なんと前日に結婚され 新婚ホヤホヤでのコンサートです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
青江宏明 & 中島萌 デュオ・コンサート
日時:3月27日(金) 1時30分開場 2時開演
場所:健軍文化ホール
チケット:無料
主催:ケルプの森音楽企画室(096-380-0268)

〈プログラム〉
ディッタースドルフ:コントラバス・コンチェルト
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 作品22
フランソワ・ラバス:プヒャダス
グリエール:インテルメッツオ、タランテラ
クーセヴィッキー:コントラバス・コンチェルト
その他

青江宏明プロフィール
 1981年岡山市生まれ。12歳からコントラバスを始める。東京芸術大学入学後、ベルリンにてカラヤン・アカデミーに学ぶ。2005年よりベルリン・コーミッシェ・オパー管弦楽団首席。

中島萌プロフィール
 1983年熊本市生まれ。桐朋女子高等学校卒業後、ベルリン芸術大学に入学し 2008年卒業。日本、ドイツ各地でリサイタル。
 

和楽器コンサートのお知らせ

 投稿者:FL爺メール  投稿日:2009年 2月15日(日)18時16分56秒
  FL爺です。
下記の和楽器コンサートを紹介します。
尺八で出演される安田さんは 熊本出身、目の不自由な方です。
OboeのT先生の教え子でもあります。
和楽器による日本の音楽を八千代座で楽しめる絶好の機会です。
皆様 どうぞお出かけください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
安田知博と和楽器ユニット「おとぎ」
『昔ものがたり in 八千代座』
日時:3月15日(日) 1時30分開場 2時開演 4時終演予定
場所:八千代座(0968-44-4004)
チケット:2千円(八千代座に電話予約→当日清算としてください)

〈出演者〉
安田知博(尺八)
和楽器ユニット「おとぎ」より 川村旭芳(越前琵琶)・木場大輔(胡弓)・折本慶太(箏・17絃)
熊本朗読研究会より 矢部絹子・古木信子

〈内容〉
第1部:朗読・琵琶語り・和楽器による「孝女白菊」
第2部:安田知博尺八の世界
第3部:「おとぎ」CD発売記念ライブ

以上
 

ファゴットコンサートのご案内

 投稿者:メープルズ事務局  投稿日:2009年 1月21日(水)18時57分12秒
  突然の書き込み失礼いたします
ファゴットアンサンブルメープルズ事務局と申します。
今回、下記要領にて熊本と福岡でコンサートを行うことになりました。ファゴットの方はもちろん、その他楽器の方にも是非お越しいただきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。
・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

【熊本公演 vol.1】
2009年2月5日(木)

<会場>
 ギャラリー キムラ
 熊本県熊本市水道町3-5
 ℡ 096-327-0166

<開場> 18:30
<開演> 19:00

<料金>
 一般 \ 3000
 学生 \ 2000
 中学生以下 \ 1500
 各ワンドリンク付き
 *当日は各 +¥500

【福岡公演 vol.1】
2009年2月6日(金)

<会場>
 もも庵
 〒812-0053
 福岡市東区箱崎1-43-18-2F
 090-4350-8798
 ブログ
 http://momoann.exblog.jp/

<開場> 18:30
<開演> 19:00

<料金>
 一般 ¥3500
 学生 ¥2500
 中学生以下 ¥2000
 各ワンドリンク付
 *当日料金は+¥500

<曲目>
 ヴァイセンボーン 三重奏曲、
 日本の歌(菊地保:編曲)
 他を予定

出演 *「あかさたな」順
  鹿野 智子(シエナウィンドオーケストラ所属)
  菊地 保 (九州交響楽団所属)
  埜口 浩之(九州交響楽団所属)
  依田 晃宣(東京藝術大学オーケストラ所属)
  吉浦 勝喜:コントラバス(九州交響楽団所属)

ゲスト
  後藤 百合:ピアノ

 終演後は合同セッションを予定しております。ファゴットをお持ちの方はぜひ楽器、譜面台持参でご参加くださいませ♪

【お問合せ】
 メープルズ事務局 担当:オークボ
 ago18@ab.auone-net.jp
 090-2397-9770

【公式ブログ】 http://maplez20080209.blog59.fc2.com/
 

ショパンのボーイング決め

 投稿者:Cbとっしーメール  投稿日:2009年 1月18日(日)19時55分36秒
  来週、ショパン/ピアノ協奏曲第2番の初合奏ということで、ボーイング会議をやりました。
昼までに終え、熊大フィルの定期演奏会にいくはずでしたが、結局午後4時過ぎまでかかり、
行けませんでした。関係者のみなさん、すみません。
なぜそんなに時間がかかったかというと・・・「Cbとっしーの日記」で。

http://cb-toshi.cocolog-nifty.com/

 

マロ塾語録 2/2

 投稿者:izumi  投稿日:2008年12月 8日(月)00時48分42秒
  2回目(これで終わり)です。
・「慣れ」はだめ。毎回新鮮な気持ちで臨む。これはデートのときに毎回異なる1輪の花を持っていくのと同じ
・音楽というのは、音を中心に集まることができる。国や言語を超えるコミュニケーションツール。
・「自分が持っているところ(音楽として重要なところ)」は、倍の気持ちで押す
・アチェレランドやリタルダンドの部分はKey manを捕まえる、そして聞きあう。そうすれば動いた音楽の中で合って聞こえる。
・(主題やテーマ)に戻ってくる時の「ワクワク感」を持とう、表現しよう。
・音階は一番最後の音の処理が大事
・速いピチカートの奏法は、はじくのではなく、弦に指をのっけたとこから指外す。このとき親指を支板の角に 当てて(付けて)おくと安定する。
・ワルツは1拍目が移動、2拍目が方向転換、3拍目が着地 これをアタマにおいて演奏する。
・ワルツの1拍目はワルツのキャラクター、ここで全てが決まる、弓は減衰させる(押さない)エレガントさ
・ロシアのワルツは3拍が平等(ウィンナワルツと違って)。舞曲に3拍子はない、(でもチャイコフスキーは
 3拍子にあこがれていた) ロシアの舞曲は5拍子。
 

ショパンの2番

 投稿者:坂本一生  投稿日:2008年12月 3日(水)18時34分13秒
  ショパンの2番。
今から30年ほど前、ショパンコンクールの模様が放送され、そのとき2位になったディーナ・ヨッフェというピアニストが弾いていました。その2楽章の美しさにいっぺんにとりこになったことを覚えています。(そのヨッフェというピアニスト、しばらく活躍していましたが今はまったく聞きませんねー)

今聞いているのはそのコンクールで一位になったツィメルマンがポーランド祝祭管弦楽団(録音のために臨時編成されたと聞いた)といれたやつ。99年の録音で発売当時かなり話題になりました。
聴いていてその意志の強さに圧倒されます。ピアノはもちろんオーケストラにもツィメルマンの意思が徹底していて密度の濃い演奏です。

若林さんとシンフォニエッタはこれを超える演奏をしよう!!(^_-)
 

マロ塾語録

 投稿者:izumi  投稿日:2008年11月30日(日)14時21分30秒
  11月初めに行われたマロ塾、いくつかメモっていたので2回に分けて
・最後の音までしゃべって。
・音楽はイメージ。自分で何を感じることができるか?
個人でばらつきがあるけど、イメージやカラーを統一してやると寄り合い始める、
・クレシェンドは底辺から、低音からはじめ上(高音)がかぶさる、これはクラッシックの定石。
・自分が持っている音符のキャラクターを知ること。
・楽譜は題材、どう演奏したいか。楽譜という呪縛に縛られなくていい。楽譜はバイブルではあるがアイデアを足していくもの
・コンマスは指揮者の呼吸を先読みする、それを100分の1秒でやらねばならない。
・クラッシックの面白さというのは作曲者一人が全ての楽譜を書いている事。アレンジャーはいない。 作曲者というのは最終的には交響曲かオペラに到達している。
 

レンタル掲示板
/15