teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ホーランエンヤ祭り

 投稿者:木下 英一  投稿日:2019年 7月19日(金)22時10分32秒
  観海さん
勇壮で華麗なホーランエンヤ祭りのレポートありがとうございました。
随分大規模で、またカラーフル。まるで絵巻物を見ているような、豪華絢爛なお祭りですね。
現役時代に徘徊された夜の街もそのまま残っていたようで、当時にタイムスリップしたひと時を持たれたことでしょう。

ズッキーニ、ずいぶんデッカイのが獲れましたね。味も歯ごたえもよいとのことで、何よりです。しっかり野菜を摂って、10年後もゲンキで松江詣を楽しんでください。
 
 

我が家のお化けズッキーニ

 投稿者:香西観海  投稿日:2019年 7月19日(金)11時49分48秒
   我が家では、家内がいろいろの野菜を作っていますが、今回、写真の様な巨大なズキーニが穫れました。長さが40cm、重さが3kgあります。
 ズッキーニは通常20cm位で収穫していますが、いつの間にかこんなに大きくなっていたそうです。近くにカボチャを植えているので雑交したのかも・・・。
 味や歯触りは通常のズッキーニと変わりなく、おいしく食べられました。
 
 

ホーランエンヤを拝観

 投稿者:香西観海  投稿日:2019年 7月19日(金)11時29分18秒
編集済
    ホーランエンヤ(=松江城山稲荷神社式年神幸祭)の還御祭を観に松江へ行きました。
 34年前、私が松江支店へ赴任した年にホーランエンヤが開催され、その勇壮な船神事に魅せられて、宍道湖畔から東出雲の阿太加夜神社まで陸路で追っ駆け、写真を撮った思い出があり、以降松江支店から転出後も毎回観に駆けつけています。
 以前は12年毎に開催されていましたが、今回からは10年毎に開催されるようです。この先10年となると自信が無いので弟と出かけました。
 今回は、岡山からの日帰りバスツアーで行ったもので、時間的な余裕がありませんでしたが、単身で赴任していた当時徘徊した界隈の料理屋やバー・スナックの看板を眺めながら、三昔前を偲びました。
 10年後、元気だったらまた出かけたいです。

【写真説明】?還御祭  ?櫂伝馬船  ③櫂伝馬踊り
 

平成最後の「青春切符」

 投稿者:木下 英一  投稿日:2019年 4月 9日(火)23時02分52秒
  浅野さん、平成最後の「青春切符」による神護寺・高山寺ウォーク、お疲れ様でした。

想定外のバスの便の悪さのお陰で?結構なウォーキング距離となりましたね。きっと平成最後の強烈な思い出になることでしょう。
1日に、これだけの距離を移動するには、まさに「青春」の体力がなければできないことで、ご同慶の至りです。

これからも、存分に「青春切符」を活用して、「全国制覇」の旅を楽しんでください。
「令和」最初の「青春切符」紀行のレポートを楽しみにしています。




 

平成最後の「青春切符」利用ウオーク

 投稿者:浅野秀夫  投稿日:2019年 4月 8日(月)21時05分12秒
編集済
  「青春切符」を利用しての春ウオークは、平成15年(2003年)以来今回
で17回目になる。かつての同僚グループ4人(ここ6年、以前は6人)が
中心。今回、京都の「神護寺」・「高山寺」へ。行程は3月28日(木)
、新倉敷(5:38自分)-倉敷(1人)-岡山(1人)―相生(邑久より
1人、赤穂線新快速野洲行乗車)で4人合流、京都(9:38着)-山陰
線(9:50発―嵯峨嵐山(10:07)下車。ここより、北へウオーク、
50分位して疲れたな、一寸「バス」でもと停留所の時刻表を見ると次
まで時間あり、更に歩く、やがて隧道あり、危険なのでトンネル上
の迂回路を経て、清滝の停留所へ。
ここはバスの発着点、高尾方面へはバスなし。坂を下り、愛宕山登山
口の駐車場管理人に聞くと高尾方面へはバスなし。遊歩道経由で1時間
かかるとの事。清滝川沿いの路を、護岸の細い道や、河原の石ころだ
らけの所を数か所以上(雨の後なら滑りそうな)経由してやっと、
高尾に到着(12:30)。
神護寺への参拝口を登り、途中休店している茶店のベンチで、やっと各
自持参の昼食を。一息ついて山門まで登り、拝観料600円。ここは、
和気清麿公の創建。かなり広い。金堂まで行き、中へ“金堂本尊木造
薬師如来”は国宝(これ以外8点あり)、多宝塔・大師堂・毘沙門堂
/明王堂・五大堂・・・見学。
ここを下山、徒歩17分ぐらいで次の「高山寺」へ。栂ノ尾バス亭あ
たりから裏参道より一寸登り、「栂尾山高山寺」の看板がある門へ。
拝観料800円。ここは数多い宝物の中でも世界的に知られる日本を
代表する「鳥獣人物戯画絵巻」(鳥羽僧正らの筆、墨一色の白描画
で書かれている)を見ることが出来た。
「善妙神立像」「子犬」「華厳宗祖師絵伝」・・・・・。時間の関
係で金堂、開山堂、・・・等寺全体を見ることは出来なかった。
*大阪中之島「香雪美術館」で特別展明恵の夢と高山寺―で国宝鳥
獣戯画も特別公開している。3月21日―5月6日、料金1300円
栂ノ尾バス発着所より15:09発JRバスで京都駅へ出発。バスは
普通50分位だが、市内の渋滞で80分かかり、16:20に京都駅着
(520円)、16:30発新快速網干行に乗車。姫路着(18:04)
、山陽線三原行(18:06)、播州赤穂行は(18:24)、3人は
接続よし。岡山―倉敷―新倉敷(19:59)。帰宅し歩数計を
見たら、20367歩であった。
昨年は、京都駅より奈良線・京阪電鉄・叡山電鉄で貴船口下車、
貴船神社、同奥の院、鞍馬山山門(315m)-魔王殿(425m)
-義経堂(465m)-背比べ石(480m)-本堂入口(410m)
-中門より九十九折の路-「由岐神社」、
仁王門(280m)-鞍馬駅(235m)ここより京都駅へ
*2017年は奈良の海龍王寺・法華寺・平城京跡。
*2016年は、山陰線保津峡駅下車(10:17)より「愛宕山」
(924m、京都で一番高い)へ標高差840m位あり、相当きつ
かった。清滝方面下山、17:05のバスまで休憩をはさみなが
らウオーク、京都駅へ、新倉敷駅着、21:43であった。この
コース、最近では一番ハードであった。
* 「光秀と愛宕神社との関係」:織田信長を討つ気持ちを固め
つつあった明智光秀は信長に命じられた中国陣への参戦での戦勝
祈願の参詣と連歌の催しを名目に愛宕山に登っている。
2015年は、京都、妙心寺・花園御陵・渡月橋・・。(小谷城址
へ行く予定で河毛駅下車が、事故の影響で野洲駅以東電車なし
、引き換えし京都へ)此処へは、秋のドライブ旅行で目的達成。
2014年は、奈良、高松塚・石舞台・飛鳥寺・甘樫の丘・・レンタ
サイクル。
*新倉―京都往復新幹線15540円、青春切符1回レンタル2600円。
*青春切符については、「かすみ橋」2013年5月15日付け参照。
写真上:神護寺の金堂
  中:高山寺の「鳥獣人物戯画絵巻」の一部
  下:愛宕神社本殿
 

台湾旅行

 投稿者:木下 英一  投稿日:2019年 4月 7日(日)23時42分24秒
  浅野さん、現役時代に行かれた台湾旅行の投稿、ありがとうございました。

当時は関空からの出発ということは、今の倍以上の時間がかかった事でしょう。
フィルム写真、十分きれいに撮れていますね。
台湾には、歴史的スポットも沢山あり、料理も美味しく、また親日的とか。
一度行ってみたいものです。
 

台湾旅行(香西さんの)を見て

 投稿者:浅野秀夫  投稿日:2019年 4月 6日(土)23時20分25秒
編集済
   岡山空港から台北空港までの直行便が開設されて、大変便利になったと思います。
実は私が台湾旅行をした1996年(平成8年)8月は関西空港からしか便がなかったものです。
台北と花蓮(タロコ渓谷)観光です。当時、カメラは、まだフィルム全盛で、デジカメは普及していなかったと思います。その時の写真の一部を紹介してみます。
写真上:中正記念堂:台湾元総統蒋介石をたたえるために建てられた建築物、衛兵交代式が見られた。
写真中:故宮博物院の正面:清朝時代の中国の皇帝の秘宝や美術品が展示されている。
    世界4大博物院の一つ(ルーブル・大英・メトロポリタン)
写真下:道教寺院:中国3大宗教(儒教・仏教・道教)の一つ、中国古来の雑多な民間信仰に神仙思想を取り入れ、更に陰陽五行説、易・呪術・卜占などを融合したもの。
 

新元号発表

 投稿者:木下 英一  投稿日:2019年 4月 1日(月)08時05分34秒
  いよいよ今日の11:30発表ですね。どんな元号になるのか、気になるところですね。

台湾旅行の投稿、ありがとうございました。
「高雄」あたりはもう夏模様なんですね。我々は寒のもどりとかで、震えたりしているのに。。。

大陸からの黄砂がひどかったのは残念でしたね。写真のカラーはセピア色になっているかも?
それにしても、岡山空港から2Hとは便利ですね。
郷里の方は、台湾旅行が身近に感じられるのではないでしょうか?
 

新元号発表

 投稿者:香西観海  投稿日:2019年 4月 1日(月)00時48分52秒
編集済
   いよいよ今日新元号「令和」の発表です。使用は5月1日からですが・・・。
 故佐藤芳範君と「平成33年3月」にクラス会をしようと「夢」で約束し、彼は「彼岸(彼の世)」に居るのだから私が「彼岸」へ渡らなければならないのか?と心配していたのですが、幸い「平成33年」が無くなったので、ほっとしています。

 3月中旬に台湾旅行をしました。南の「高雄」辺りはもう夏模様でした。
 幸い、好天に恵まれたのは良かったのですが、大陸からの黄砂(現地ではPM2.5という)がひどく空も景色も黄色がかり、近くの山や高層ビルも靄の中といった具合です。
 天燈上げで「ピンピンコロリ」を願いました。うまくいくかどうか?
 台湾は、岡山空港から台北空港まで直行便で約2時間、食べ物は美味しく、物価も安いのでお勧めです。  ではまた。

【写真説明】①十分で天燈上げ  ②高雄の蓮池湛の龍と虎  ③宿泊ホテル「圓山大飯店」(台北)
 

ひな祭り

 投稿者:木下 英一  投稿日:2019年 3月 4日(月)22時45分24秒
  観海さん、往時の世相を反映した懐かしいお雛様を紹介いただきありがとうございました。
春の到来を感じる行事でもあり、ほのぼのとした人形をみていると、何となくホッコリした気持ちになります。日本の伝統文化。いいものですね。
 

ひな祭り

 投稿者:香西観海  投稿日:2019年 3月 3日(日)11時52分34秒
   皆さん、めっきり春らしくなりました。今年は暖冬ということで水仙、梅、菜の花、椿などの花が早々と咲き、桜や桃の花も大きく膨らんできました。きっと、お花見も早まることでしょう。
 田辺さん、浅野さん、木下さん、時折のご投稿ありがとうございます。
 今日は「桃の節句」ということで、我が家のひな人形をご紹介します。内裏雛は長女に買ったもので、当時はやった美智子妃殿下に似た顔立ちです。立ち雛の方は二女に買ったもので、こちらは当時流行った木目込み人形です。
 本来は夫々の嫁ぎ先へ持って行くのでしょうが、両家とも夫々のお雛様があるようで、我が家で預かっており、娘や孫が春休みに帰省するのを楽しみに飾っています。
 倉敷、玉島、児島、矢掛、高梁など近隣の街でこの時期お雛様の展示会があり、出かけたついでに見て回りますが、春の喜びを感じられる微笑ましい行事として続けたいものですね。
 では、皆さん、残りの回数が少なくなった「春」を満喫しましょう。
 

「鴨山城跡」見学(鴨方町)

 投稿者:木下 英一  投稿日:2019年 2月24日(日)10時43分2秒
  浅野さん、「鴨山城跡」探訪の投稿ありがとうございました。
城跡からの鴨方地区の展望は素晴らしかったことでしょう。癒されますよね。
2008年4月11日の投稿も再読させていただきました。

追伸:その頃の懐かしい投稿も目に入り、月日が矢のように飛んで行くことを改めて感じました。
 

「鴨山城跡」見学(鴨方町)

 投稿者:浅野秀夫  投稿日:2019年 2月23日(土)13時27分11秒
編集済
  地元、山陽新聞の“備中ひと・風景”―高梁川流域百選―の「鴨山城
跡」という記事が写真入りで月初め掲載。近くに、中世の拠点が
残っていることを初めて知った。後日、かつての同僚から、その
記事を見たかとTEL、行ってみようということになり、あと
一人誘って3人で鴨方町家公園近くから車で山道を登り頂上近
く駐車場スペースに車を止め、登山口より20分ほど歩き「碑」
の所に到着。説明看板によると、
標高167.7m連郭式山城、室町時代初期、城主:細川満国、遺構
〈曲輪・堀切・切岸・石積み・・〉
1407年細川満国(室町幕府の管領家細川氏の子孫)が浅口分郡知行
主として入郡以来8代、約190年間領地、その後関ヶ原の戦い
(1600年)で敗軍側となり廃城。
城跡からは浅口市鴨方地区の町並みが一望。
城跡を歩いていると巨石に彫られた仏の磨崖仏が見られた。
帰りに、町家公園により、「宮の石橋」(鴨方に過ぎたるものが三つ
ある。拙歳・索我・宮の石橋)これは鴨神社の随神門下にある6枚の
長い石をそらせて整えた太鼓状の石橋で、その下は川ではなく道。
=見学。・・・これについては「かすみ橋」2008年4月
11日付け「かもがた町家公園」周辺、に掲載。
写真:上:鴨山城址と書いてある石碑、
   中:磨崖仏の石、城跡には、あちらこちらに磨崖仏や石仏が
     置かれている
   下:「宮の石橋」橋の下は道で、江戸時代から立体交差
      だったようです

http://

 

2019年の絵馬

 投稿者:木下 英一  投稿日:2019年 1月 1日(火)22時36分37秒
  あけまして おめでとうございます。
浅野さん、近隣神社の絵馬をご紹介いただき、ありがとうございます。
色んな素材で、いろんな人によって作られた絵馬。それぞれ作った人の思いが感じられていいものですね。

私は、今朝、橿原神宮へお参りしてきました。天気もよく、比較的暖かかったこともあり、大勢の初詣客で賑わっていました。
広い参道の両側には、出店がずらりとならび大繁盛の様子でした。(私は昔ながらの太鼓焼きを買いました)
【写真】
上:外拝殿前の広場
中:本殿で参拝する初詣客
下:各種開運矢売り場
 

2019年近隣神社のジャンボ絵馬など紹介

 投稿者:浅野秀夫  投稿日:2019年 1月 1日(火)12時44分45秒
編集済
   あけましておめでとうございます
   本年もよろしくお願い致します
〇箆取(へらとり)神社(倉敷市連島):絵馬は縦1.5m、横1.8m..めばえ保育園(鶴新田)の年長と年中の計35人が作った。赤や青のちぎった色紙を貼り合わせて形作った富士山と初日の出を背景に、20頭」のうり坊(イノシシの子供)が「亥」の字の形に並んでいる。園児の手形で桜の花びらも描いたもの。拝殿まで下から288段あり。
〇足高神社(倉敷市笹沖):絵馬は縦1.9m、横2.6m、2頭のウリ坊(イノシシの子)が親イノシシと楽しそうに遊ぶ様子が描かれている。格闘家のイラストなどで知られるイラストレーターの中川雅博さん=埼玉県在住=がデザインし、倉敷木材(中島)とクラブン(笹沖)制作し奉納したもの。ほほえましいイノシシの親子のように、来年は幸せな時間が流れてほしいと願いを込めたものだそう。標高67m(車で行ける)
〇 鶴崎神社(早島町早島)):地域の伝統産品イグサで作ったイノシシの大型飾り。イノシシは全長約2m、幅約0.8m町内畳表業者から譲り受けた端材のイグサ約15㌔を使い、2週間かけて制作したもの。飛躍に向けて力強く走り抜ける様子を表現したものだそうです。

http://

 

鞆の浦クラス会

 投稿者:木下 英一  投稿日:2018年11月 9日(金)23時09分34秒
  田辺さん、クラス会の投稿ありがとうございました。
天候にも恵まれ、この年になっても19名もの参加者と旧交を深めることができたことは、素晴らしい事だと思います。

仙酔島は、仙人が酔うほど美しい島という由来があったのですねえ!!宴会での日本酒の大盃回し呑み、皆さんとの絆が更に深まったことでしょう。
2日目の歴史散策、昼食の鯛ご飯。充実した楽しいクラス会でしたね。
 

幹事さん、クラス会お世話になりました。

 投稿者:田邉 誠一  投稿日:2018年11月 9日(金)14時51分13秒
編集済
  高校卒業満60年の今年のクラス会は、11月6日~7日福山市の鞆の浦・仙酔島で行われました。
数日前の天気予報では、雨の予報でしたが、見事に大外れ、2日とも秋晴れの行楽日和でした。
6日15時、電車組12名がJR福山駅に集結、香西さんの出迎え、案内の下、バスで約30分鞆の浦にて下車。近くの渡船場からフェリー「平成いろは丸」にて5分、仙人が酔うほど美しい島から名付けられた仙酔島へ、船着場から徒歩10分で国民宿舎「仙酔島」に到着。
宴会では、宿舎の提供で19名全員が大盃による日本酒の回し呑みを初体験。回し呑みは、お互いの絆を深め、確かなものとする意味が込められているそうです。

7日は、10時から現地のガイドさんの案内で、約1時間半鞆町の歴史散策をしました。網の目のような狭い路地には、由緒ある寺院や旧跡、坂本龍馬ゆかりの宿、江戸時代から伝わる薬味酒「保命酒」の試飲、歴史民俗資料館見学等々遠足気分で楽しみました。
昼食は、鯛料理専門レストランにて、鯛ご飯を満喫後解散となりました。瀬戸内海育ちの私ですが、今回瀬戸内海国立公園を代表する景勝地「鞆の浦・仙酔島」の美しさを改めて再認識しました。

お世話を頂いた香西さんはじめ幹事の皆さん、本当にありがとうございました。
 

鞆の浦クラス会

 投稿者:木下 英一  投稿日:2018年11月 8日(木)00時14分37秒
  観海さん、お疲れのところ、早速投稿いただき、ありがとうございました。
両日とも、好天にも恵まれ、楽しいクラス会となりましたね。いろいろ準備、お疲れさまでした。
参加された皆さん、ご自分で撮られた楽しいスナップ写真、集合写真等お持ちでしたら「かすみ橋」のアルバムに掲載させて頂きますので、運営人あてにメールでお送りいただけないでしょうか?お待ちしていますのでどうぞよろしく。
 

仙酔島でABクラス会開催

 投稿者:香西観海  投稿日:2018年11月 7日(水)22時08分25秒
編集済
  去る11月6日福山市鞆の仙酔島においてAB組のクラス会を開催しました。参加者は19名でした。翌7日は「鞆の歴史探訪」を行いましたが、両日とも好天に恵まれ、クラスメイトの親睦と秋の行楽を楽しみました。
【写真は国民宿舎仙酔島前にて】
中列・後列左から佐藤、横内、田中、田邊、浅野、野田、大島、井上、河井、菊池
前列左から古谷、那須、藤田、逸見、吉武、安藤、池田、臼井、香西の各氏
 

神島の天神祭り

 投稿者:木下 英一  投稿日:2018年 9月19日(水)00時07分9秒
  観海さん、神島の天神祭りの投稿ありがとうございました。
飾り船も、「猿田彦命」の衣装もなかなか豪華。絵巻物のような風景で、笠岡が誇る素晴らしい郷土文化・神事ですね。
貴兄の「猿田彦命」なかなかよく似合っています。大役、お疲れ様でした。
 

神島の天神祭り

 投稿者:香西観海  投稿日:2018年 9月18日(火)21時43分57秒
   9月15・16日に私の住んでいる笠岡市神島で「天神祭り」が催されました。
 このお祭りは天神様(菅原道真公)を飾り船でお渡しするお祭りです。
 今年は私が「猿田彦命」の役を仰せつかり、天狗面を付けて祭列の先導をしました。好天に恵まれ、爽やかな祭典でした。
【写真説明】①御渡り船  ②猿田彦命の先導で・・・  ③猿田彦命  (写真は家内が撮影)
 

台風21号

 投稿者:木下 英一  投稿日:2018年 9月 8日(土)23時36分48秒
  田辺さん、台風21号の状況・体験談の投稿、ありがとうございました。本当にものすごい状況だったのですね。関空が大変な状況になっていたので、関空の東隣の貴兄のところはどうだったかなと気になっていたのですが、まさか瓦が飛んだり雨どいがちぎられたり、77時間もの大停電。。。恐怖と不便の生活を強いられ、心身ともに大変だったことでしょう。謹んでお見舞い申し上げます。

マスコミは関空のこと、大阪市内での車の横転、トタン屋根が飛ぶ様子を繰り返し報道していましたが、関空の対岸都市でのこのような長時間にわたる停電という大事件についてはなぜか報道されてなかったので、本当に驚いています。

今年の夏の酷暑、大水害、台風21号、北海道地震等々の想定外の甚大な災害・・・いやなことですが、そろそろ想定内として考えておかないといけないのでしょうか。
 

台風21号、大丈夫でしたか?

 投稿者:田邉 誠一  投稿日:2018年 9月 8日(土)21時04分55秒
編集済
  4日に、「非常に強い」台風のまま、25年ぶりに本州に上陸した台風21号は、予報通り四国へ上陸後近畿に再上陸、縦断し甚大な被害をもたらしましたが、皆さんのお宅は大丈夫でしたか?
この台風、半端じゃなかったですね! 関西空港の無残な姿、泉南地区等電柱が何本もなぎ倒されたり自動車が簡単にひっくり返る映像をニュースで見られたことと思います。私が子供時代に出逢った「ジェーン台風」に匹敵する猛烈台風でした。我が家も、瓦が何枚も飛び、2階の雨樋が引きちぎられ落下、一部雨漏りもするなど散々。 瞬間的に家が揺れて、本当に恐怖の2時間半でした。
一番困ったのは、停電です。4日昼過ぎ強風とともに停電、7日午後6時半に復旧するまで77時間の原始生活。 冷蔵庫は勿論、洗濯も風呂もだめ、テレビも見れず、夜は、ラジオを聞きながら乾電池とローソクの明かりで過ごす。 もちろん、対策は講じましたよ。朝7時に洗濯物を積んで自宅を車で出て、開いているコインランドリーをはしごするも、長蛇の列。あきらめて、冷蔵庫用にと氷を求めてスーパーやコンビニを回るも、すべて売り切れ・・・・・半分やけになってイオンで映画を見て時間を潰したことも・・
そんなこんなで、昨夜の電気復旧の際は、万歳したいくらい感激しました! 倉敷真備町の豪雨災害や北海道大地震に比ぶべきもありませんが、今回、あらためて、自然災害の恐ろしさ、日ごろの備えの大切さを痛感した次第です。


 

風水害見舞い

 投稿者:木下 英一  投稿日:2018年 8月 2日(木)11時58分47秒
編集済
  観海さん、今回の台風被害は大事に至らなかったようでよかったですね。同じ笠岡でも低地では住宅への浸水があり、夜中に家財運搬のお手伝いとかされて、大変でした事でしょう。

「田舎暮らしの本」で「住みたい田舎」で笠岡が10万人以下の町の総合部門で全国で12位とはすごいです!! 温暖な気候、瀬戸内海のおいしい魚や野菜、老人に優しい環境、多彩な郷土文化、等々いろいろいい点が多いのでしょう。

真備町で姪ごさんは大変だったんですね。でも園児を含め皆さんご無事だったようで何よりです。
これからも猛暑の日々が続きそうですが、十分ご自愛ください。
 

お見舞いありがとう

 投稿者:香西観海  投稿日:2018年 8月 1日(水)11時53分23秒
編集済
  暑中お見舞い申し上げます。
 7月5~8日にかけての大雨、並びに同月27日の台風の逆走についてお尋ねやお見舞いを頂き、ありがとうございました。大雨については我家が高台に在るため被害は無く、台風についても果樹や野菜へ若干の影響ぐらいで大事にはなりませんでしたのでご安心下さい。
 ただ、大雨については同じ地区でも低地では住宅への浸水があり、夜中に家財移動のお手伝いに駆けつけたりしました。どうやら、津波・高潮に備えて海岸の堤防を高くしたところ、集中豪雨に対して満潮時の排水ポンプの能力が追い付かなかったということの様です。

 「田舎暮らしの本」という月刊誌があり、本年2月号で「住みたい田舎」ランキング調査の結果を発表しており、10万人以下の小さい町の総合部門で「笠岡市」が中国・四国圏で第1位(全国では12位)を獲得しているのに、防災面はこの程度か・・・と残念に思っています。

 前記のような人気もあってか、最近神島には老人ホームが増えています。添付写真は我家の南側の眺望ですが、この8月にオープンされる70室を有する大規模な老人ホームが建設されています。「瀬戸内海が展望できる・・・・」というのが謳い文句ですが、あまりにも海岸に近いので防災面は大丈夫かなと心配しながら見守っているところです。
 倉敷も真備町で大規模な浸水があり、私の姪が保育士として勤務している保育園も軒まで浸かったとか。夜間の出水で保育児などに被害はなかったことは不幸中の幸でしたが、跡かたずけ・・・が大変の様です。
 当会のメンバーの中にも被害を受けられた方が居られるかもしれませんが、お見舞い申し上げますと共に、お見舞いを頂いた方々にこの場を借りてお礼申し上げます。

【写真: 本の抜粋と新設老人ホームの自宅からの眺め】

追伸、 現在、今年のクラス会(鞆の浦・仙酔島)の参加を受け付けています。多数のご参加をお待ちしています。参加がお決まりでしたら安藤、香西までお知らせ下さい。
 

クラス会鞆の浦下見

 投稿者:木下 英一  投稿日:2018年 6月29日(金)11時10分58秒
編集済
  観海さん、鞆の浦下見投稿ありがとうございました。
クラス会のお世話をして下さっている郷里の皆様、場所の選定から暑い中の現地下見までしていただき、いろいろな準備本当にありがとうございます。

鞆の浦といえば、春ごろ?の鯛網漁が思い出されますが、近年では「崖の上のポニョ」の舞台となったことなどでも有名になりました。
波止場の「常夜灯」、江戸時代の街並みが残っている地区等々、郷愁をそそるスポットですね。
参加される皆様にとって、心に残るひと時となることでしょう。
 

クラス会の会場を下見に・・・

 投稿者:香西観海  投稿日:2018年 6月28日(木)16時11分1秒
   梅雨のさ中、皆様如何お過ごしですか?
 去る6月22日、今年のクラス会の開催予定地である福山市鞆の「仙酔島」へ下見に行ってきました。
 晴天で、風も穏やかな日とあって、宮城道雄師の「春の海」さながらの風景を感じながら、渡船で島へ渡り、国民宿舎「仙酔島」を参観しました。
 7月には玉島高校の同窓会総会の案内状と共にご案内させていただきます。開催日は11月6・7日です。お誘いあわせて多数の方のご出席をお待ちしています。
 

29年同窓会記

 投稿者:木下英一  投稿日:2018年 5月30日(水)00時20分15秒
  哲っチャン、近況投稿ありがとう。楽しい投稿に気づくのが遅れ、申し訳ありませんでした。
逸見さんからの同窓会記で、楽しかったクラス会が再現され、二度楽しまれましたね。

また、月2回というハイペースで車中泊も楽しんでおられ、日常生活でも二度目の青春を加速されているんですね。テントがあれば、思いついたらすぐ何処へでも出かけられので、蒜山高原、長距離旅行も楽しいことでしょう。
テント旅行の投稿も是非。楽しみにしているけんね!
 

29年同窓会記届いた

 投稿者:井上哲一  投稿日:2018年 4月28日(土)21時59分50秒
  ひろばを借りて逸見君有難う、封筒を見てオッ!また来たぞ。いつも有難う、段々大作思い出のに成って来る、感謝感謝。思い出の再現フイルム、二度目の楽しみ。今年は鞆の浦 必ず行きます、皆さん宜しく、最近は車中泊を楽しんでいます。月に2回のペース、まだ初心者、今週はテントを購入、最近のは、セットが簡単ジャンプ傘みたいにポンと開き4~5分でOK、遊びを加速させなくっちゃ!、有難う、と近況でした。  

わが町も雪化粧

 投稿者:木下英一  投稿日:2018年 2月12日(月)14時57分54秒
  今年は各地で大雪が降ったり、寒い日が続いていますが、みなさんお変わりありませんか?
今朝起きてみるとなんと、珍しい事に我が町も薄い雪が積もっていました。積雪1cmぐらいでしたが。

大した積雪ではないので、ゴム靴を履いて朝の散歩に出かけました。いつもの見慣れたたんぼの風景が、雪をかぶると別風景に感じられました。
葛城連山も薄っすらと雪が積もり、白髪あたまになっていました。

写真上:近くのたんぼ風景。右端は「耳成山」です。
写真下:薄化粧の葛城連山。右端は「二上山」です。
 

星野仙一氏を悼む

 投稿者:木下英一  投稿日:2018年 1月 6日(土)16時47分3秒
  星野仙一氏が、70歳の若さで旅立たれたとの報に、多くの球界の方々から悼む声が寄せられていますが、同郷の我々もあまりにも急なことで、驚かれた方が多いことでしょう。

同氏は、昨年3月、瀬戸内倉敷ツーデーマーチに特別ゲストと して運営委に招かれ、また浅野先生の教え子であったという事で、親近感をもって記憶に残っています。(浅野さんから、2017年3月18日に記念写真とともに本欄に投稿いただいています)
謹んで哀悼の意を表したいと思います。


 

初詣

 投稿者:木下英一  投稿日:2018年 1月 4日(木)23時51分44秒
  明けましておめでとうございます。

浅野さん、投稿ありがとうございました。戌年に因んだいろんな絵馬等が楽しいですね。

私も、今日、少し遠出して、久しぶりにお伊勢さんへ初詣してきました。伊勢神宮は、確か中学校の修学旅行でお参りして以来です。
近鉄宇治山田から徒歩約10分弱で外宮をお参り後、バスで内宮に。3が日は混むので避けたのですが、内宮は今日も大勢の参拝客で混んでいました。宇治橋とその下を流れる五十鈴川の清流を懐かしく見渡しました。参拝後、おかげ横丁に立ち寄りましたが、こちらも大賑わいの人出で混み合っていました。
なお、道路のあちこちでポリさんがやたら目についたのですが、バスの運転手の話によると、今日、安倍首相が参拝されるとのことで、あちこち交通規制がされており、渋滞しているとのことでした。

新年が皆様にとって穏やかで良いお年でありますよう、お祈りいたします。

写真上:外宮の入り口
写真中:五十鈴川
写真下:おかげ横丁
 

2018年近隣神社のジャンボ絵馬など紹介

 投稿者:浅野秀夫  投稿日:2018年 1月 4日(木)13時01分18秒
編集済
   あけましておめでとうございます
  本年もよろしくお願いいたします

 〇箆取(へらとり)神社(連島町西浦):縦1.5m、横1.8m綿を詰め
た布を板に張り付ける押しえの技法で、張り子の犬を表現。
 〇足高神社(倉敷市笹沖):縦1.9m。横2.6m、倉敷木材が奉納。
格闘家のイラスト等で知られるイラストレーターの中川雅博さん
(埼玉県)のデザイン、河愛らしい犬の親子が描かれている。
 〇鶴崎神社(早島町早島):高さ1.4m、幅1.8m、犬は狗とも書き、
古くから人に仕え家の番や猟に協力してきました。神社の狛犬
も神前を守護する狗であり奈良時代からつくられています。
その人懐こい犬を、い草で製作したもの。
写真上:足高神社、中:箆取神社、下:鶴崎神社
 

玉女・玉高同窓会総会

 投稿者:木下英一  投稿日:2017年 8月25日(金)22時26分53秒
  観海さん、本部同窓会のレポートありがとうございました。

同期参加者の皆さんを、懐かしく拝見しました。
参加されたみなさん、暑い中お疲れ様でした。

今年の夏は、関東地区を除き、猛暑日が続き、まさに毎日が灼熱との戦いですね。
皆さん、十分ご自愛ください。
 

玉女・玉高同窓会総会

 投稿者:香西観海  投稿日:2017年 8月25日(金)18時04分59秒
編集済
   去る8月20日、セントイン倉敷にて掲題同窓会総会が開催され、出席しました。今年の出席者数は先生方を含め約100名とやや少ない感が有りましたが、わがS33年卒業組からは女性1名男性7名が出席しました。
 今年の招待恩師に浅野秀夫さんが選ばれ、挨拶に立った中で、玉島高校在職当時の思い出を懐かしく語っておられました。総会出席者の中に浅野先生の授業を受けた方が沢山居られたようで、双方が懐かしがっておられました。
 総会後、会場をカラオケ喫茶に移して、新たに女性5人男性2人が加わり、約2時間のミニ懇親会を持ちました。
 今秋には、良寛荘でクラス会の開催が予定されており、皆様との再会を楽しみにしています。

 総会の「集合写真」と「乾杯風景」を載せますのでご覧下さい。
 

逸見さんありがとう・他

 投稿者:木下英一  投稿日:2017年 7月 7日(金)15時34分14秒
  観海さん、投稿ありがとうございました。
私も逸見さんの「印象派の名画と画家を訪ねる旅」を楽しませてもらっています。時おり気に入った名画を「ピクチャー」に入れて、マイ・ギャラリーを作っています。印象派に加え「ルネッサンス芸術」のダビンチ作「最後の晩餐」を入れました。10年前に名古屋のイタリア村に集った時、「最後の晩餐」の前で集合写真を撮ったのを思い出して。
http://www3.kcn.ne.jp/~kinosi/tamako/venice.htm

暑い中、出歩くことなく、名画が鑑賞できる事は、贅沢で有難い事ですね。
それにしても、「家内工業」?で作られた「印象派絵画の旅」3巻ものはスゴすぎますね。大変な編集力、時間、それにコストを要したことでしょう。まさに脱帽物で、逸見さんに大感謝です。

観海 さんの「世界の都市観光」も便利なサイトですね。さっきNYを訪ねてきました。(笑)
回転寿司があったのにはビックリ(カリフォルニアロールの事は聞いていましたが。。。)!海外旅行をする前にちょっと覗いておくのも何かと便利なサイトですね。
逸見さん、観海 さん、有益なサイトをご紹介していただきありがとうございました。

写真下:「最後の晩餐」と9人の孫たち(2007年5月16日)
 

逸見さんありがとう・他

 投稿者:香西観海  投稿日:2017年 6月 7日(水)15時22分33秒
編集済
   今日は梅雨入りとか。朝から雨で戸外の仕事も出来ず、過日逸見邦夫さんから届いた「クラス会のレポート」や「印象派絵画の旅Ⅰ~Ⅲ」を改めて拝見しました。
 長文のレポートをじっくり読ませて頂くと、昨秋の好天の琵琶湖や比叡山の風景と、参加者各位のお顔が浮かんできました。
 また、絵画の旅の方では概ね見たことのある絵画ではあるが画家が何方だったかな・・・?というのが、解説付きで紹介してあり、一点づつ鑑賞させていただきました。

 思い起こせば、昨年の6月はサクラメント(米、カリフォルニア州の州都)に住み、丸1ヵ月間雨は降らず、毎日カリフォルニアの青い空を眺め、あちこち出かけては英会話の研鑽に努めていました。
 そして、食品スーパーで珍しい食べ物を見つけては食べていました。特にこの時期は「ラズベリー」や「ブラックチェリー」が低廉で、この際とばかり沢山食べました。
 また、6月の中旬から下旬にかけ、言葉が未だ不十分にも関わらず「U.S.A.レールパス・15日間フリー」を使ってイエローストーン国立公園やシカゴ、ワシントンD.C.、セントルイス、サンタフェなどを周遊、冒険旅行したことなどが懐かしく思い出されます。

 ここで皆さんにご紹介したいのは「YouTube」で「Vacation Travel Guide /Expedia」と入れて検索すると、世界の主要都市の観光スポットが出て来ます。解説は英語ですが設定により日本語のテロップを選ぶことが出来ます(出ない都市もありますが・・・)ので、耳と目の活用での脳トレになるのと、英会話のヒアリング練習にもなります。「自動再生」を選ぶと、次々と観光地が出て来ますので、自宅に居ながらにして海外旅行が味わえます。 4K画像の動画で、全画面に拡大するととても綺麗です。
 下記のURLをクリックして一度お試しを・・・。

【写真説明】
  1ドル余りで買えるラズベリー
 

https://www.youtube.com/watch?v=Oo6iAxf4si0

 

大島先生の近況

 投稿者:木下 英一  投稿日:2017年 3月23日(木)00時02分2秒
  観海 さん、大島先生とのツーショット写真の投稿ありがとうございました。

今日は、思いがけなく、大島先生にお会いできたような気分です。
恩師の、いい年輪を重ねられた、健やかな笑顔を拝見することができ、嬉しいです。
昌代夫人のカメラの腕前、なかなかなものですね。とても良い表情を捕えておられ。。。上眼目線?(笑)
 

大島先生宅を訪問

 投稿者:香西観海  投稿日:2017年 3月21日(火)23時37分29秒
編集済
   浅野さん5km完歩おめでとう。今夜のTVで「早歩行は認知症予防になる・・・」てなことを言っていましたよ。
 長年学校の先生をしていると、思いもよらぬ逸材を生んだり、有名人との師弟関係が生じるのですね。

 ところで、ちょっと古い話になりますが、1月中旬に玉島高校の恩師、英語の大島新先生宅を訪問し、アメリカ生活のご報告をさせて頂きました。奥様(どなたかは皆さんご存知ですね)とご一緒に約2時間お話をさせて頂きました。
 先生は留学や学会行事で何度も渡米しておられ、奥様も同行しておられたため、私が旅した各地のことをよくご存じで、また、細かいこともよく覚えておられ、たいへん楽しい時間を過ごさせて頂きました。

 写真はお元気な大島先生とのツーショット(撮影は奥様昌代さんです)
 

星野仙一氏と面会

 投稿者:木下 英一  投稿日:2017年 3月19日(日)13時37分52秒
  いや~、浅野さんツーデーマーチに参加され大変貴重な体験をされましたね。。。
星野氏に世界史を教えた経験をお持ちだなんて、すばらしいエピソードです!当時は教え子の一人がこんなに有名な人物になるとは誰も想像してなかったでしょう。。。

瀬戸内倉敷ツーデーマーチ、もう30回にもなるのですか。。。。以前、円通寺コース、瀬戸大橋コース等があり、小職も一度瀬戸大橋を歩いて、橋から海を眺めてみたいなあと思ったことがあります。でも最低前泊は必要なので、なかなか重い腰が上がらず、幻で終わっています。

目が覚めるような投稿ありがとうございました。そして5km完歩、おめでとうございます。
 

星野仙一氏と面会

 投稿者:浅野秀夫  投稿日:2017年 3月18日(土)11時25分4秒
編集済
  「広報くらしき」3月号に、瀬戸内倉敷ツーデーマーチに特別ゲストと
して星野仙一氏(市スポーツ大使)が3月11日(土)の10㎞と5㎞の]出発
式に来訪との記事。当日申込みも可とあった。
この機会に氏と面会できるかもと思い、当日、11時出発の美観地区
コース(5k)の申し込みをした。
倉敷市役所出発式会場(10時出発)には1850名位(あとで知った)
が集合、壇上には国会・県会・市会議員・来賓が並び、伊藤香織市長
の挨拶のあと、星野氏が登場、「元気よく、無理をせずに歩いてほし
い。私はいつまでも燃えている。皆さんも人生大いに燃えて楽しんで
ほしい」と応援。スタート後、参加者とハイタッチする行事の後、
来賓用風よけテントに入った時、そこに行って氏に、倉敷商業高校
で、2年生の世界史を教えていた浅野ですと名乗った。当時世界史
担当は自分1人だけだったので、すぐ了解してくれ、いやー、
なつかしいですねと。テレビではよくお目にかかるのですが、直接
あえてうれしいですと。野球殿堂入りの祝意を表し、当時の教員の
消息などはなし、写真撮影に応じてもらった。テントには倉商野球部
OB(その中に長谷川登氏(甲子園に7回出場を果たした監督、2年次
担任、同窓会では会っている)3人いた。そこへ伊藤市長が入ってきて
、私との関係を尋ねて、星野氏が倉商で教えてもらったとはなし先生で
すかと言われた。他の来賓も挨拶に来たり、次の行事も控えていたり
と、10分一寸であったが、私にとっては、貴重な体験となった。
あと集合場所に並び、5kのウオークに参加した。30回記念大会で
あるが初めての参加である。
写真上:身長180㎝の星野氏と来賓用テントの中
  中:5㌔の完歩証、  下:ウオーク用ゼッケン
 

初詣

 投稿者:木下 英一  投稿日:2017年 1月 3日(火)12時19分38秒
  あけましておめでとうございます
本年も宜しくお願いいたします

今年の三が日は、温暖で、好天にめぐまれ、おだやかな正月を迎えられたことでしょう。

浅野さん、珍しい絵馬のご紹介ありがとうございました。
色々な素材で作られていたり、デザイン的にも工夫されていて、眺めているだけでも十分楽しめますね。

観海 さん、観海亭からの海の眺めは絶景で、まさに「春の海」といった風情でしょうか。。。
毎日が別荘生活のようで、健康にも申し分ないですね。

私は地元の小さな神社にお参りました。絵馬は見あたりませんでした。。。。
 

2017年近隣神社のジャンボ絵馬など紹介

 投稿者:浅野秀夫  投稿日:2017年 1月 3日(火)10時31分14秒
編集済
   明けましておめでとうございます
  本年もよろしくお願いいたします
写真上
箆取(へらとり)神社(連島町西浦):この絵馬は縦1.5m、横1.8m綿
を詰めた布を板に貼り付けて立体感を出す押し絵の技法、野原で遊ぶ7
羽のひよことやさしく見守る親鳥を愛らしく表現。地元の女性グルーフ
のメンバー7人が制作したとの事。
写真中
足高神社(倉敷市笹沖):この絵馬は縦1.9m、横2.6m、倉敷木材が
奉納したもの。格闘家のイラストレーターなどで知られる中川雅博氏
(埼玉県)のデザインになるもの。つがいの鶏が軽快なタッチで描か
れている。
写真下
鶴崎神社(早島町早島):地域の伝統産品イグサで作った鶏の
大型飾り。鶏は止まり木の台座部分を含め高さ約3m、幅約0.8m
町内業者から提供を受けたイグサ約8㌔分を使用して宮司が1か月
かけて制作したもの。
 

賀正

 投稿者:香西観海  投稿日:2017年 1月 1日(日)16時31分1秒
編集済
   明けましておめでとうございます。皆々様のご健康とご多幸を心からお祈りいたします。
 本年も引き続きよろしくお願いいたします。
 

琵琶湖クラス会

 投稿者:木下英一  投稿日:2016年11月18日(金)22時09分34秒
  横内さん、野田さん、浅野さん、安藤さん、田中さん、またお世話頂いた地元の皆さん、楽しいクラス会をありがとうございました。

琵琶湖の「ミシガン」での遊覧、船内のバイキングと、これまで体験したことのない心に残るイベントでした。手配する案件も多く、大変だったと思います。本当にお疲れさまでした。しばらくしっかりと休んでください。
 

琵琶湖玉高同期会

 投稿者:井上哲一  投稿日:2016年11月18日(金)21時01分58秒
  世話役の皆さん素晴らしい企画立案、実行有難う御座いました。秋晴れの
中、若さが甦り、まだまだ気合を入れて、人生を謳歌しなくっちゃのエネルギーを貰いました。来年も参加します。宜しくお願いします。。お世話に成りました。
 

アメリカ放浪記

 投稿者:木下 英一  投稿日:2016年11月 1日(火)20時02分52秒
  観海 さん、我々一般人にとっては大変貴重で興味深い情報を投稿頂き楽しく読ませていただきました。

クレージーホース、おっしゃる通りなかなかのイケメンで、未完成ながら随分立派な彫像ですね。

ラスベガスやグランドキャニオンの上空飛行、まるで自分が飛んでいるように錯覚するほど鮮明で迫力ある風景を体験させていただきました。
ラスベガスでは、残念ながら、一儲けはできなかったようですが、一財産を摩ることもなかったようで、何よりでした。

日本でもハローインがここ数年加速度的に盛り上がってきていますが、今のところ街中でのコスプレがメインイのようです。が、そのうちケーキメーカーが結託?して、バレンタンイのチョコのように、ハローイン・ケーキに火がつくかも。。。。

放浪の旅もいよいよ終盤です。琵琶湖のクラス会でお会いしましょう。

 

ハロウィーン・ケーキ

 投稿者:香西観海  投稿日:2016年11月 1日(火)13時55分9秒
   今日(アメリカ時間31日)はハロウィーンで、子供たちは仮装して歩いています。ケーキ屋のお嬢さんも魔女の姿で呼び止めてくれたので、孫のためにハロウィーン・ケーキを買いました。中央のケーキの魔女はクジャクに変身しています。ご用心を・・・。

 夕刻、近所の」子供が仮装してお菓子をもらいに来たので、用意したものを与えて、孫たちと仲良く遊んでもらう様に頼みました。
 

ラスヴェガスとグランドキャニヨン

 投稿者:香西観海  投稿日:2016年11月 1日(火)13時27分7秒
編集済
   前の投稿でお知らせしたように、アメリカ滞在の締めくくりに、ラスヴェガスで大博打をして、大富豪になろうと思い、行きました。
 大富豪にはなれませんでしたが、大借金を背負うこともなく、ほどほどの処でやめました。

 ラスヴェガスからグランドキャニオンへ、ヘリコプターの観光があるというので、乗ってみました。
以前カンザスシティーから、ロスへの飛行機で8000m上空から見たことはあるのですが、ヘリコプターは80mの高さで、渓谷内にも入るので、迫力は比べものになりません。
 最後は、ラスヴェガス上空の飛行もあり、充分楽しめました。
 なお、パイロットは写真の若い女性で、操縦しながら自分で解説もします。要所、要所では日本語のナレイションを流してくれ、分かりやすかったです。
 

クレイジー・ホースの顔

 投稿者:香西観海  投稿日:2016年11月 1日(火)13時10分23秒
   クレイジー・ホースの顔を観たいというご希望がありました、彼の写真も記念館にあるのですが、大変ハンサムな若者でした。
 私が望遠レンズで撮った彫刻の写真をお見せしましょう。引き締まったイケメンでしょう。
 彼も最後は白人によって殺害されてしまいます。

 「アメリカ人はキリスト教徒で博愛精神がどうの、こうの・・・」と言われますが、開拓時代の白人の原住民に対する迫害はすさまじいもので、帝国陸軍どころではないように感じました。

 なお、彫像の建設については、「環境破壊だ」という声もあり、賛否は分かれているそうです。私は大統領の像があるのだから、インディアンの英雄の像もあって、当然だと思います。
 

クレイジー・ホースの巨象彫刻

 投稿者:木下 英一  投稿日:2016年10月26日(水)23時01分25秒
  へえ~!「ラシュモア山」の近くは興味深い歴史があるのですね。できあがっているというクレージーホースの顔がみたかったですね。

案内された人はインディアン族出身とのことですので、この方の写真からクレイジーホースの顔を勝手に想像してみるのも面白そうです。。。。
日本で相撲取りなると、意外と人気者になるかも??!!
 

クレイジー・ホースの巨象彫刻

 投稿者:香西観海  投稿日:2016年10月25日(火)12時07分23秒
   前回お知らせした「ラシュモア山」の近くは19世紀後半、インディアンと騎兵隊の間で度々激戦があり、有名なカスター将軍率いる「合衆国第7騎兵連隊」がインディアン(スー族)の逆襲で全滅したことで知られています。
 そのスー族の酋長クレイジー・ホース(あだ名)の巨象が近くの山に彫られています。 規模的にはラシュモア山の彫像をしのぐ大きさで、現在クレイジーホースの顔の部分だけ出来上っています。最終的には馬に乗った酋長の勇ましい姿(原型写真参照)が出来るそうです。

 写真を見て頂くとその規模が分かると思いますが、広大な国の人びとのやることは凄いなと、感心させられます。ラシュモア山と同様にまさに「ダイナマイトを使った彫刻」の極みと言えましょう。
 私をここに案内してくれた人はインディアン族出身とのことでしたが、その逞しさにも感心しました。「日本へ来て相撲取りにならないか?」と行って見たのですが、果たして通じたのかどうか・・・・?
 像の完成までにこの先何年かかるかは分からないとのことでした。

 【写真説明】①掘削中の岩山  ②彫刻像の原型  ③案内人
 

サウスダコダとカナダの旅

 投稿者:木下 英一  投稿日:2016年10月23日(日)22時20分25秒
  鳥取県ではかなり揺れて大きな被害も出ていますが、岡山県は大きな被害報道はありませんでした。奈良県でもスローな揺れがあり気持ち悪かったです。被害はありませんでしたが。。。

ラシュモア山はみごとな晴天で、4大統領の顔も鮮明に見えラッキーでしたね。カナダは紅葉の真っ只中というのに、あいにくの天候で美しい紅葉が楽しめなかったのは残念でした。

旅も後半に入りました。ラスベガスで一儲けして帰ってきてください。それで琵琶湖で乾杯といきましょう!!!
 

ラシュモア山とカナダを旅行しました

 投稿者:香西観海  投稿日:2016年10月23日(日)12時24分42秒
   鳥取西部で地震が発生し、岡山県南部もかなり揺れたようですが、被害はございませんでしたでしょうか?
 私の方は、「USAレイル15日間フリーパス」3回目の利用で、サウスダコダ州のラシュモア山と、カナダの紅葉を愛でる旅をして、サクラメントの息子の家に戻ってきました。
 ラシュモア山は好天に恵まれ、ワシントン、ジェファーソン、ルーズベルト、リンカーンの4大統領の顔がクッキリと見えました。カナダには1週間滞在しヴァンクーヴァー、ビクトリア、ウィスラーなどを回りました。紅葉は時期的にはぴったりだったのですが、この1週間は雨が続き、おまけにタイフーンまで通過して葉を散らすなどで、写真はあまり撮れませんでした。
 ロッキー山脈はすでに冠雪しており、スキーを積んだ車が高速道路を行き来しています。
 私は、来週ラスベガスへ行き、一儲けして11月4日に帰国する予定です。
 琵琶湖でのクラス会でお会い出来るのを楽しみにしています。
 

あめりかん らいふ

 投稿者:木下 英一  投稿日:2016年 9月28日(水)23時25分23秒
  観海 さん、楽しいアメリカでの近況投稿ありがとうございまいた。
随分豪華なお家で、優雅なシニアライフを満喫されているようにお見受けします。

AMTRAK に乗り放題され、既に40州あまりを放浪?されたそうで、これまで想像していたアメリカと、ジカに見聞きしたアメリカとのギャップに驚かれたことも色々あったのではないでしょうか?随分貴重な体験をされましたね。たとえ現役時代に5年アメリカに駐在していても、このようなゆったりとした放浪(笑)は時間的にとれないですからね。。。。

それにしてもトランプタワー、さすがですね。。。先日のヒラリー&トランプとのテレビでのディベイト、二人とも、相手に勝ったと堂々と言い張っていますが、あれってユーモアのつもり?それとも本音なのでしょうか。。。。。

11月のクラス会参加いただけるとのこと、横内さんには小職からも念のため「参加」をお伝えしておきます。「かすみ橋」メンバーの皆さんともども楽しみにお待ちしていますけんね。
 

お声かけありがとう

 投稿者:香西観海  投稿日:2016年 9月28日(水)08時16分31秒
   木下さん、かすみ橋メンバーのみなさん、ご無沙汰しています。
 私は現在、カリフォルニア州の州都「サクラメント」に住んでいます。今年の春息子がシリコンヴァレー勤務になったため、同居して英会話の上達をしようと思い、渡米しました。
 第1回目はGW明けから6月末まで息子と二人で生活し、7月に息子の家族が渡米してきたため、私はいったん帰国し、家族が落ち着いたところで9月初めに再渡米し、11月初旬まで滞在します。
 息子の家に居たのでは英会話の勉強にはならないので、米国鉄道網「AMTRAK(アムトラック)」の15日間フリーパスを2度買い、現在までに40州とワシントンDC(特別区)を見て回りました。また昨日までヨセミテナショナルパークへ行っていました。
 こちらへ来ると、何かをしなければならないと言った義務は無く、英会話にしてもいつまでにどれだけ上手にならなければならないといったこともなく、カリフォルニアの青空の下、安価な肉のご馳走や果物を食べていると、浦島太郎が竜宮城に長居をしたわけがよくわかります、

 と言う様なことですが、秋の「琵琶湖懇親会」には出席させていただきますので、参加者に入れておいて下さい。

 パソコンは息子のを使っているので通常のメールはできないのですが、スマホで下記E-mailが受けられますのでおひまでしたら入れてみてください。( kankaikouzai@gmail.com )
 ではみなさん、11月にお会いしましょう。それまでごきげんよう。 Bye! Bye!

 

香西観海 さん、お元気ですか?

 投稿者:木下 英一  投稿日:2016年 9月19日(月)10時15分1秒
   観海 さん、ご無沙汰しています。アメリカでの生活はいかがですか?早いもので、もう日本を離れて6ヶ月になりました。西海岸は気候も年中温暖で、新鮮な魚も豊富のようで、もう日本へ帰りたくなくなっておられるのではないかと心配?しています。

 日本は、今年の夏は猛暑日が続き大変でしたが、ここに来てようやく朝晩は少ししのぎやすくなりました。と思っていたら、このところやたらと台風が発生し日本各地に大きな災害をもたらしています。

 今年も11月にクラス会が予定されていますが、それまでに帰国されますか?(それとも永住?)そのうち、そちらでのホットな体験談等投稿していただけると嬉しいです。

 それから、私からのお詫びですが、貴兄のアメリカでのメールアドレスを頂いたのですが、PCの調子が悪く、触っている間に削除されてしまいました。よろしかったら、貴兄から新アドレスを皆さんにご連絡いただけるとありがたいです。

 では、季節の変わり目、どうぞご自愛ください。
 

ロコモ実証体験

 投稿者:木下 英一  投稿日:2016年 5月 4日(水)09時35分57秒
  田岡さん、お久しぶりです。
「ロコモ実証体験」の投稿、ありがとうございました。「肋骨の骨折」とは、本当に大変なことでしたね。でも大事に至らなかったようで、何よりでした。早い快復をお祈りしています。

私も、新しい体験として、1週間ほど前に、お茶をのんでいたら、なんと誤燕(ごえん、飲み物が食道にゆかず、気管に入る)をして、ものすごく咳き込んでしまい、どうにもとまらず、もう死ぬかと思いました。この年になると、これまでに経験したことがないようなロコモ症候群??に遭遇することの心の準備が必要だと思い知らされました。

貴重な体験談ありがとうございました。
 

ロコモ実証体験「骨より「掃除機が強かった」

 投稿者:田岡幸雄  投稿日:2016年 5月 3日(火)14時30分10秒
  世の中、高齢者のロコモの話題が多くなっています。平均的な日本人である私も、ロコモの事を身に染みて感ずる今日このころです
今年の4月17日のことです。日曜日の朝。サンルームで桜材を使ってステッキの握り部分を作ろうと作業していましたが、尿意を覚え、トイレに行こうと応接間に行き、出口ドアノブに手を伸ばしたが届かない。そこで、もう少し近づこうと左足を前に出したところ、態勢のバランスを崩し、ずるずると倒れこんでいきました。壁際に立て掛けていた掃除機に体を預けるように倒れました。床に尻もちをつく瞬間大きな声と音がしたようです。庭で作業していた妻の弘子がすっ飛んできて、芋虫状態で転がっている私を見て、応接間から引っ張り出そうと懸命に上体を起こそうとしますが、60㎏の体重に左足が萎えた状態の足では踏ん張れず自力で起き上がれない私ですが、何とか食堂まで引っ張り込んで椅子に座らせてくれた。脇腹を打ったようで呼吸が難しい。脇腹を手で押さえても痛みがないので横になってれば大丈夫だとソファーベッドに横になりました。夜が来て入浴し、暖かい湯につかって、呼吸も楽になってきましたのでそのまま就寝。翌朝公園の散歩に出て異常ないことも確認できました。しかし、昨日の顛末に妻は「掃除機の長いノズルが根元から折れていたけど、体は大丈夫なの?病院に行ったら?」と聞く。「大丈夫だよ少し体を捻じると疼痛があるけど、単に打撲だから」と言っていた。しかし数日過ぎても疼痛が治まらないので、近くの集合医療施設の整形外科で診察を受けた。打撲の経緯と今の状態を説明すると軽い打診のあとレントゲン検査に回った。結果は「打撲で肋骨が骨折しているが内臓に至っていないのでコルセットで安静を保ち消炎剤処方して経過を見ましょうと診断結果を告げられた。最大の原因はロコモ症状で足の踏ん張りが利かず体を支えられなかったことから生じた結果だと思います。年を取ると足腰の筋肉や骨が弱り活力が無くなるいわゆるロコモティブ症候群(ロコモティブしょうこうぐん、locomotive syndrome)とは、運動器の衰え・障害(加齢や生活習慣が原因といわれる)に至ったと思い知った最近のできごとです。体が丈夫でお元気な皆様には関係のない話ですが他山の石にでもと思い書き込みをいたします。
 

淡路島七福神めぐり

 投稿者:木下英一  投稿日:2016年 2月12日(金)12時29分39秒
  浅野さん、淡路島七福神めぐりのレポート、目からうろこ!大変ためになりました。七福神のそれぞれの役目というのがちゃんとあったんですね。

ボケないための5か条、なるほど!! 少しでも実行しなければと思っています。

大黒様の大きな袋に5つの大切な袋が入っていたのですね。知りませんでした。
父袋というのが無いのは、 男どもにとっては少し寂しいところですが。。。男どもは、目にみえないようにして、光を放っているという風に解しておきましょうか。。。(笑)

浅野さんの小学校の同級生が4人も参加されていたことは、クラス会と兼ねた有意義な旅となりましたね。
早速の投稿ありがとうございました。
 

淡路島七福神めぐり

 投稿者:浅野秀夫  投稿日:2016年 2月12日(金)10時28分1秒
編集済
  2月9日(旧正月2日)、近くのお寺主催のこのツアーに参加した。瀬戸大橋―高松道―淡路島(参拝)-明石大橋―山陽道というコース。6:00出発~20:00過ぎ帰玉島。
自分の覚えにメモしてみた。
七福神とはいうまでもなく恵美酒(淡路ではこの字を書く、律儀)・大黒天(裕福)・毘沙門天(勇気)・弁財天(唯一女性の神、知恵)・福禄寿(大望)・寿老人(長寿)・布袋様(和合)の7人。いずれも福徳長寿の神。各お寺には本尊の隣にこの神が祭ってある。団体の参詣は全員本堂に上がり、住職の話を聞き、2拍手のあと太鼓のリズムに合わせ「般若心経」1巻と各寺の御真言、例えば布袋尊を祭る護国寺は「おんまいたれいやそわか」を住職先導で唱和するというパターン。団体が多い時は全員中に入れないので外で待つこともあるという。さまざまな話・掲示の一部を記して見る。
「ぼけない為の5ケ条」
1、 仲間が居て気持ちの若い人。2、人の世話をし、感謝のできる人。
2、 物をよく読み、よく書く人。4、よく笑い、感動を忘れない人。
5、趣味の楽しみを持ち旅の好きな人。
これは「寿老人」(長寿の神)を祭る宝生寺に掲げている。
大黒様を祭っている八浄寺住職の話。大黒様が肩にかけている大きな袋には何が入っているか。現代流にいうと、一に月給袋、二に胃袋、三にお袋、四に知恵袋、五に堪忍袋の五つの要素が詰まっていて、願う人に小槌で振り分けて下さるとのこと。月給袋は生活に困らないだけの経済力を、胃袋からは体力と健康を、お袋からは家庭の愛と平和を、父袋というのはないのですね、女性は偉大ですと笑わせた、知恵袋からは何事も解決出来る知恵の力を、堪忍袋からは誰にも負けない忍耐力と精神力を授けていただけるという。
奉納金1カ寺一人200円(ツアー代金に含まれている)を上納すると上記のように住職の法話と祈願、各寺特色ある接待(箸・線香・ろうそく・鉛筆・メモ帳・マッチ箱(大)・ロウソク消しうちわ・せんべい等・・)あり。7カ寺参詣すると吉兆福笹が授与される。
この福笹を次回参拝するときに持参すると記念品がいただける。自分は2012年参拝した時の福笹を今回持参したら記念品として“七福神の干支入り色紙”がもらえた。
このツアーの参加者41名、当寺のツアーとして40名以上は初めて。住職によると世話人さんの呼びかけのおかげとのこと。自分の小学校の同級生が4人参加、旧交をあたためた。
写真:上:福笹持参で記念品としてもらった七福神色紙
   中:七福神霊場総本院として我が国唯一の瑜祇(シギ)七福宝塔
   下:八浄寺本堂内にある日本で一番大きい木彫りの大黒天像で
          高さ2m
 

退院しました

 投稿者:木下英一  投稿日:2016年 1月 5日(火)20時52分10秒
  哲っちゃん、手術が成功し、昨日無事釈放おめでとう!それに退院早々の投稿ありがとう。

術後の経過も順調のようで安堵しています。井上一さんの強力なバックは何より心強い支えになった事でしょう。

当面食事等で戸惑う事もあるかと思いますが、これからは日にちが薬。あせらず気長にリハビリしてください。次回のクラス会で会いしましょう。
 

退院しました

 投稿者:井上哲一  投稿日:2016年 1月 5日(火)20時19分30秒
  おめでとう御座います 、昨年12月24日残胃癌三分の一の切除、順調に回復し先日1月4日退院
井上 一さんの強力なバックアップも有り11日間の入院生活で終わりました。食事パターン会得に若干日にち掛かりそう。山歩きは断念、今後は車中泊をしようと計画中
同窓会には日時未定ながら、予定通り?出席します。宜しくお願いします。
 

近隣神社のジャンボ絵馬など紹介

 投稿者:浅野秀夫  投稿日:2016年 1月 4日(月)18時32分6秒
編集済
  明けましておめでとうございます
 本年もよろしくお願いいたします。
写真上
箆取(へらとり)神社(連島町西の浦)この神社は道路から山腹に見えるところで、数回は行ったことがあるが、下から参道を上がったのは今回はじめてで拝殿まで288段あった。この絵馬は縦1.5m、横1.8m、つぶらな瞳のサルが扇と鈴を手に踊る姿を表現、拝殿前に。地元の女性グループが半年ほどかけて作ったとのこと。綿入りの布を板に貼る押絵の技法を持ちいた由。
写真中
足高神社(倉敷市笹沖)国道バイパスから登り口の看板は目にするのだが、今回はじめて参詣。絵馬は縦1.9m、横2.6m、社殿西回廊に設置。親ザルが子ザルを背中に乗せたほほえましい様子を描いている。
写真下
鶴崎神社(早島町早島)地域の伝統産品・イグサで作ったサルの飾り。サルは高さ2・7m、幅1m、竹と金網で作った骨組に早島町産などのイグサをかぶせ、木からぶらさがる様子を表現している。拝殿下の境内にあり。宮司と氏子の7人が作成とのこと。
 *「申」には伸ばすという意味あり。

 

初詣

 投稿者:木下英一  投稿日:2016年 1月 1日(金)23時18分59秒
  「かすみ橋」メンバーの皆さま、あけましておめでとうございます。
新しい年が皆さまにとりましてよいお年でありますようお祈り申し上げます。

今年の元旦は如何すごされたでしょうか?
私は天気が良く、またあたたかかったので、いつものように橿原神宮へ初詣に行ってきました。一昨年のクラス会「あすか探訪」に参加頂いた方には懐かしい所ですね。
今日は参道の両側は出店がずらりと並び、参拝客で賑わっていました。
出店でたいやきと太鼓やきを少し買って帰りました。
 

城めぐり

 投稿者:木下英一  投稿日:2015年12月23日(水)22時48分16秒
  浅野さん、城めぐり体験記の投稿、ありがとうございました。
 気の置けない歴史仲間との城めぐりは、何かと実りも多く、「又行こう」というモチベションを高めてくれることでしょう。
 城から見下ろす雄大な風景は平地からのものとは見事に異なり、上空?からの大パノラマを堪能されたことでしょう。それに実際に現場を訪ねると、いろいろ新たな史実の発見もでき楽しいものですね。
 これからも、大いに城めぐりを楽しんでください。
 

お城めぐり

 投稿者:浅野秀夫  投稿日:2015年12月23日(水)15時26分0秒
編集済
  先般のクラス会、多数のご参加ありがとうございました。今年の3月で同期生、全員後期高齢者となり、区切り年だと思います。
この1年を振り返って見ると、元同僚等と訪れたお城が9か所になっていた。
時系列にみると、春、月山富田城(がっさんとだじょう、島根県、安来市)、尾道・松江自動車道(やまなみ街道・3月22日開通)無料区間を利用、道路、総延長137㌔、全線にわたりトイレ・パーキングエリア・ガソリンスタンドなし、その変わりインターを下りた所に”道の駅“あり。このお城、尼子氏の居城だった。ふもとに 山中鹿介の銅像あり、七曲りと呼ばれる登山道は一寸きつかった。標高191mの本丸跡から島根半島や中海、弓が浜半島を望むことが出来た。
夏は、犬山城(愛知県犬山市、別名白帝城、天守が現存し国宝に指定)へ。天守閣から見た木曽川は雄大である。城下町を散策後、東海北陸道を北上、郡上八幡城(岐阜県郡上市)へ。車で上まで上がれたのは何より。作家の司馬遼太郎は「街道を行く」で「日本で最も美しい山城であり・・・」と称えているごとく、天守からの景色は想像以上に素晴らしかった。当市で宿泊、予定にはなかったが宿の主人が丸岡城も行ってみたらと勧めてくれた。翌日、九頭竜湖畔経由で、越前大野城(福井県大野市)へ、標高249mの亀山山頂に立つ。天守への途中約70の階段はきつかった。12月18日付け新聞に“雲海に浮かぶ城切手に”、「天空の城」として知られる備中松山城(高梁)、竹田城址(兵庫)、越前大野城(福井)のオリジナルフレーム切手が売り出されている由と報道されていた。
次に北上、越前丸岡城(福井県坂井市)へ、ここは柴田勝家の甥勝豊の築城、現存する天守では最古とされる。町中の小丘にあり周囲は公園になっている。ここを最後に丸岡インターより北陸自動車道経由、帰途に就いた。
秋、最初、岐阜城(岐阜県)へ、稲葉山城とも、斉藤道三が築城整備、信長に滅ぼされ岐阜城と改名、標高329m、金華山山頂に築かれた山城。山頂までロープウエイ、頂上駅よりお城まで緩やかな坂道10分弱。70才以上は無料。天守閣から長良川の眺め最高。ここより
北上、五箇山の世界遺産相倉合掌造り集落見学、五箇山温泉に宿泊。
翌日、北陸道より小谷城址(滋賀県長浜市)へ。ここはかねてより行って見たかった所。今春、青春切符で行く予定が野洲駅で後続の電車が大幅な遅れ(事故)で断念、京都のお寺へ。今回の旅行で計画。車で中腹(番所と呼ばれる城郭主要部への入口)まで行けたこと。本丸跡まで山道約400m、20分。途中桜の馬場跡からは大パノラマが広がる。もし電車なら河毛駅より30分、登城口から約45分とあるから大変だったと思う。全員本丸跡まで登城、非常にラッキーであった。この城址、浅井長政「妻がお市の方(信長の妹)」の居城、大河ドラマ「江姫たちの戦国―」の浅井三姉妹誕生の地、信長に滅ぼされその後廃城。歴史の舞台、どんな場所か認識できた。
ここを後に敦賀経由―小浜インターより、京都美山町自然文化村へ、古い茅葺き屋根38戸の集落あり、散策見学。ここ美山町に宿泊。翌日、丹波篠山城(兵庫県篠山市)へ、徳川家康が大坂城の豊臣氏との戦いに備えて築いた城。天守の高石垣はあるが天守なし。平屋の大書院が復元。平山城で濠もあり、意外と広かった。ここまでは予定していたが、時間がありそうなので、もう1か所、三木城址へ、道の駅で、地図・パンフレット入手、ここは、大河ドラマにも出てくる別所長治の居城。三木合戦で秀吉に敗れ落城、兵士・領民の命と引き換えに自害。辞世の句に”今はただうらみもあらじ諸人のいのちにかわる我が身と思えば“を残している。城址には長治公の像あり。この近くに竹中半兵衛の墓、秀吉本陣跡もあったので見学出来何よりだった。ここを最後に三木小野インターより帰途に就いた。
この旅行、春は4人、夏は3人、秋は6人、今年より全員後期高齢者以上、マイカーで。
*お城について若干学習
国宝の城:松本城・犬山城・彦根城・姫路城・松江城(27年7月指定) の5城
江戸時代より現存している天守閣のあるお城12:国宝5城と弘前城・丸岡城・備中松山城・丸亀城・高知城・松山城・宇和島城の12城。
今回行った、丸岡・犬山・岐阜・小谷・篠山・月山富田城は日本百名城に入っている。
ちなみに岡山県では岡山城・鬼の城・備中松山城・津山城が該当。
写真:上:犬山城、中:丸岡城、下:京都美山町、茅葺の里
 

元気で頑張って

 投稿者:吉武 康子  投稿日:2015年11月26日(木)20時49分13秒
  井上さん 手術OKとのこと 良かったですね!! 少々痛いかもしれませんが、頑張ってください。来年の同窓会には、元気なお姿で お目にかかりましょう。
横内さん始めお世話くださった地元のみなさん 本当に有難うございました。とても楽しい時間を過ごせていただきました。
浅野さん写真送っていただき有難うございました。この場を借りて御礼申し上げます。
 

良寛荘でのクラス会

 投稿者:木下英一  投稿日:2015年11月22日(日)23時35分34秒
   今回の良寛荘でのクラス会、横内さんをはじめ、地元の皆さんにお世話頂き、大変楽しい集いを企画いただき、ありがとうございました。地元開催だけあって、参加者も多く、多くの方にお会いできたことは何よりの収穫と感謝しています。

 哲っちゃん、貴兄の近況報告は少々衝撃的でしばらく理解ができず、半信半疑の状態が続きました。最初に飛び出した大きなジョークの続きではないかと思ったりして。。。。
何はともあれ、手術が決定したことは喜ばしいことで、安堵しています。再会を楽しみに待っているけんね!
 

円通寺の同窓会

 投稿者:井上哲一  投稿日:2015年11月22日(日)20時38分33秒
  先日日にち未定ながらも、切腹確定宣告受け、同窓会出席が綱渡り、気に病んで居たら、ギリギリセーフ、驚く程の多数の旧友に会えた、残念ながら、一人又一人と減ってゆく、現実、出席出来る時に出て、楽しい語らいをと思って居る、自分自身の運命は、運を天に任せ。成る様にしかならないと、まるで他人事のような気楽さ。当然次回の同窓会も出席します、お世話に成る幹事さん、出席の第一号に丸をして下さい。今年の地元の幹事の皆さん有難う御座いました、昨日の(土曜日)も充実した街歩き出来たと聞きました、出席出来ず残念。本日は公民館活動の行事に3講座発表。総合司会の一部も完璧にこなし。大きなイベントは終了、後は手術待つだけ。皆さんの顔をみ語れた貴重な時間を有難う御座いました 皆さんお元気で。。。。  

”乳神様”の紹介

 投稿者:浅野秀夫  投稿日:2015年 9月 1日(火)21時29分25秒
編集済
  かつて四国八十八カ寺巡拝の結願達成のしめくくりとして「高野山お礼参りツアー」に参加(2011年6月)、「金剛峯寺」・「奥の院」参拝の帰途、麓の九度山町にある「慈尊院」(弘法大師の御母堂をお祭りしていて、“女人高野”ともいわれる)に参拝、境内に「乳房型絵馬」が奉納されているのを目にした。めずらしい絵馬もあるのだなと思い別に気にも留めなかったが、最近、岡山県に関係する書籍を見ていたら、県内にもこういう絵馬を奉納するところがあった。以外にもわりと近く。場所は伯備線の清音駅南の山裾とのこと。確認のため行って見た。軽部神社で地元では「王子の宮」とも呼ばれている。境内説明版によると1678年、現在地に建立、人呼んで、「乳神様」。境内に「垂乳根の桜」(たらちねの桜という枝垂れ桜があったことから、婦人の乳一切の守り神「乳神様」として信仰されるようになった、とある。無人のひっそりとした神社だが、配殿内には一面に奉納された絵馬がかけられていて、二つの立体的な「乳房」が型どられている。その脇に「お乳がよく出ますように」・「乳がんが転移せず治りますように」・・・といった願い事が書かれていた。
遠方からの参拝者も多いといわれている。自宅から車で約25分の距離だった。
写真は軽部神社、拝殿内部の絵馬
 

小さな親切大きなお世話

 投稿者:田岡 幸雄  投稿日:2015年 8月20日(木)16時19分5秒
  朝7時「雨がぱらついている。今日はビン・カンを捨てる日である。生ゴミはカラスにつき破られないように、バケツに入れて捨てる決まりだ。だが、清掃車が回収した後は、バケツが散乱し風に煽られて転がったりするので、回収車が去った頃、出したバケツの回収は各家の責任で持ち帰る決まりである。しかし忘れることもあり、終日回収忘れれで放置されているときがある。見かねた隣の夫人が持ち主のところへ持参すると、「持って来られると気がねで負担に思うワ。小さな親切大きなお世話」という態度をとる人がいる。ご近所って難しいわね。と夫人が愚痴をこぼす。「他人の思いは様々でいちいち気にしたら身が持たないですよ。」と言うと「そうね。でも喋ったらすっきりしたワ」とサバサバした顔で家に入った。正直75歳の老人である私も時々小さな親切に辟易することがある。他人の思惑など気にせずのびのびと過ごしたいと思う、台風が近づく朝のひとときでした。

 

「あすか探訪」道中記

 投稿者:木下英一  投稿日:2015年 7月19日(日)23時34分16秒
  逸見さん、カラー写真までふんだんに入れたみごとな長編の力作「道中記」の作成お疲れ様でした。7月18日に拝受しました。まず貴兄のすごい記憶力に感嘆してしまいました。
クラス会が奈良に決まった経緯から始まり、関東組みの新幹線での生態^_^;)、京都駅での岡山組みとの見え隠れする待ち合わせのスリリングなエピソード。当事者以外は誰も知らなかったわくわくするプロローグも道中記をより楽しく、充実した物にしてくれているように思います。

そして、宴会から翌日の探訪記は、見事なまでに精緻な記述。参加された皆さんも忘れていたことが随分蘇ってきたことでしょう。哲っちゃんの言われるように、小職ももう一度参加できた思いで、当時をリアルに回想させていただきました。

真摯な筆致の中に、ペイソスとユーモア、そしてピエロと称されたカミングアウトもちりばめてあり、皆さん途中でやめられず一挙に読まれたのではないでしょうか?
○○さんの体型を風呂で見た人が、本当に1万歩あるいているかどうか貴兄が確認することになったくだりは、つい噴き出してしまいました。

最後のエピローグで述べておられるように、ほぼ計画通りに「あすか探訪」実施できましたが、終わってみると確かに仲間との会話が少なかったなあと反省しています。
初日の宴会をもっと会話の場にすれば良かったような気がします。

この秋には地元の皆さんのご尽力により、「良寛荘」でクラス会が予定されていますが、今度は小職も皆さんともっと会話をさせていただかなければと思っています。

逸見さん、記憶に残る力作「道中記」ほんとにありがとうございました。
幹事団に対するねぎらいもいただき、ありがたく、感謝しております。
今後とも時あるごとに読み返し、「回想」に生きたいと思います。^_^;
木下英一
 

逸見君有難う

 投稿者:井上哲一  投稿日:2015年 7月18日(土)22時23分6秒
  今日7月18日逸見君から大型封筒が届いた。?開けると長文の飛鳥道中記だった。いつもの事ながら、有難う、もう1回同窓会に参加できた思い。重ね重ね有難う。今年は横内君を筆頭に同期同窓会を計画して貰い、是非参加しようと思う、まずは健康に留意し、溌剌として皆さんに会いたいと思う。親しい友が、一人二人と亡くなってゆく やがては順番が来るけど 毎日が悔いる余地なき無き過去を作る為に今日を生きるをモットーに、時々仕事残りは全部趣味にと頑張っている 井上です  

ドイツ旅行

 投稿者:木下英一  投稿日:2015年 7月13日(月)23時07分25秒
  観海さん、楽しいドイツ旅行の投稿ありがとうございました。40年前と今回の旅では、同じ町を歩いても、全く異なったような新鮮な印象を持たれた事でしょう。ロマンチック街道から眺める田舎の風景、カラフルな家並み、中世へタイムスリップしたようなローテンブルグ、学生の町ハイデルベルク。。。絵葉書のような街並み、歴史と文化と産業の国といった印象を強くされた事でしょう。
これからお金を貯めて、いつの日かクラス会をドイツかイギリスの田舎めぐりというのもいいですね。。。夢のまた夢かな???^_^;
 

ドイツ旅行(つづき)

 投稿者:香西観海  投稿日:2015年 7月 8日(水)17時51分17秒
編集済
   フュッセン(ドイツ南部、スイスとの国境近くのリゾート地)で散歩をしていたら、壁面に多数の「小鳥の巣箱」を架けた建物に出会った。
 私も地続きの林の樹木に巣箱を架けているが、これほどの数の巣箱にはびっくり・・・。早速真似をしてみたくなった。
 でも、帰国してよく考えたら・・・小鳥は果樹や野菜の大敵だと気づき、どうしたものかと迷っている・・・。

 【写真】上:ローテンブルクの塔上から見た市街風景 中:ハイデルべルク城からの風景
     下:巣箱を沢山架けた家の壁 

http://www.kcv.ne.jp/~kigyou-d/

 

40年ぶりにドイツを訪問

 投稿者:香西観海  投稿日:2015年 7月 8日(水)16時19分12秒
編集済
   今年は梅雨らしい梅雨で畑の潅水の必要が無く、助かっています。立ち葵の花もてっぺんまで咲いたので、梅雨明けも遠くはないでしょう。

 先日は玉高の「同窓会総会」と「クラス会」のご案内を頂きましたが、ともに参加を予定しております。

 5月下旬から6月初旬にかけてドイツ旅行をしてきました。36歳の時に一度行っているので、実に40年ぶりです。
 前回はフランクフルトから北の「ラインランド」が主だったので、今回は南の「バイエルン地方」いわゆる「ロマンチック街道」とか「ファンタスティック街道」と呼ばれる地方を巡りました。
 「ロマンチック街道」に一人で行ってもロマンチックではないだろうし、男同士で行っても、ましてよその女性と行っては具合が悪かろう・・・ということで、無難なところで家内と行きました。
 じゃがいも料理とソーセージ(もちろんフランクフルト)、チーズにビールやワインをしっかり食べ、飲みして来ました。

 「EUの盟主」と言われるだけあって、さすがにドイツは商・工業が繁栄、農業・牧畜業にも豊かさが感じられた。交通インフラや環境問題への取り組みにも行き届いた配慮が感じられました。多分ギリシャの再建にも手を貸さざるを得ないことでしょうね。

 【写真】ノイシュヴァンシュタイン城の遠望


 

http://www.kcv.ne.jp/~kigyou-d/

 

佐藤芳範君逝く

 投稿者:木下英一  投稿日:2015年 2月18日(水)01時18分12秒
  哲っちゃん、このたびはお疲れの中、早速の投稿ありがとうございました。
芳範さんと交わされた昔話等の会話に、笑い声も聞かれたということは、彼がいかに楽しいひと時をすごされたかが伺われます。気のおけない友との最後のひと時が、どんなにか故人の心を安らかにしたことでしょう。

我々にとっては、なんと言ってもクラス会の度にずいぶんお世話になっていただけに、彼の笑顔と笑声のないクラス会はちょっと受け入れられない感がします。
皆さんも大きな喪失感に襲われていることでしょう。ご冥福をお祈りいたします。
 

佐藤芳範君逝く

 投稿者:井上哲一  投稿日:2015年 2月16日(月)20時04分28秒
  本日彼の告別式が岡山市のセレマにて13時に執り行われました、驚く程の参列者
弔電があり彼の徳を目の当たりに見ることが出来ました。5日前に家に行き、昔話をし笑い声も聞きました。今度来るまで生きとけよと言い それが最後の別れと成りました。病床に在りし時は家に帰りたいを何回も聞き 奥さんから家に帰ったを 受けすぐに訪問雑談 水を沢山飲んだと知らされほっとした 僕も彼と同じく水が好きで 家に帰れたし水も飲めたしの思いを強くした。余命幾ばくも無いと 知らされて居ても矢張りこの時を迎えると 涙を禁じ得ない 後から行ったら又魚を釣りに行ったり、泳ぎに行ったりしたいと思う。待っといてくれ 聞こえたか~?

 

小山田遺跡現地説明会(明日香村)

 投稿者:木下英一  投稿日:2015年 1月20日(火)00時47分8秒
編集済
  奈良県明日香村の甘樫丘の裾野(南部)にある小山田(こやまだ)遺跡で、飛鳥最大級の方墳かもしれないと言われる、巨大な石溝(掘り割り)が見つかったと1月16日の新聞各紙で報じられました。

1月18日に現地説明会があるということで、電車と徒歩で行ってきました。(片道約50分)。NHKのニュースでも報道されていましたが、約8,000人の見学者が詰めかけたそうで、平素はのどかな明日香村も当日は近鉄「岡寺」駅から現地までの歩道(約20分)は、見学者で賑わっていました。

この遺跡は、県立明日香養護学校の校舎の一部を建て替えるために発掘調査中、昨年11月12日「何かある」ということで、その後発掘を続け発見したのだそうです。なんと、我々がクラス会で明日香村を訪問した2日前から本格的な発掘調査というのも何かふしぎな縁を感じません?? 我々が橘寺の北西塀のあたりで、ガイドさんから、道路の北隣の川原寺(かわはらでら)等の説明を受けていた頃、1kmほど北西の現場は、すごい遺跡発掘調査が行われていたのですね。

「小山田遺跡 現地説明会」というページがすでにネットにアップされていますので、こちらで地図等を参照いただくと位置もわかりやすいかと思います。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150119-00000025-san-l29

「かすみ橋」の「掲示板」にも小山田遺跡の様子を載せていますのでご覧ください。
http://www3.kcn.ne.jp/~kinosi/tamako/keijiban.htm

写真解説
上:朝10時頃にはもう校舎前の道路も見学者で長蛇の列。
中:熱心に掘り割りを覗く見学者
下:掘り割りの貼石
 

歯痛通院

 投稿者:木下英一  投稿日:2015年 1月16日(金)13時55分6秒
  田岡さん、歯の治療お疲れ様でした。その後歯の調子はいかがですか?それにしても歯医者さんまで2km歩いて行かれたとはすごいですね。
以前、左足の調子がよろしくないとお聞きしていましたが、こちらの方も順調に回復されているようで、何よりです。

もう「バイク乗り」は卒業されましたか? バイクも車も便利ですが、夕陽を背に浴びながら、道端の水仙やタンポポを愛でながらの癒しのひと時はウォーキングでないと味わえないですからね。

私は普段自転車を使っていますが、健康維持にはウォーキングが一番とか、これからはもっとウォーキングを生活の中に取り入れなくてはと思うこのごろです。

今年も愉快な投稿を楽しみにしていますので、よろしくお願いいたします。
 

歯痛通院

 投稿者:田岡 幸雄  投稿日:2015年 1月15日(木)11時58分51秒
  暮れから歯痛に悩んだ。右下犬歯に食べ物が挟まって。不快感があるので歯間ブライシでつついていたら、歯茎を痛めたようで痛くて我慢できず、4か月通院をさぼっていた歯科医院へ電話して予約を取った。予約時間の30分前に家を出て2kmの道を徒歩で歯科医院へ出かけた、治療椅子に座って医師症状を訴えると「以前治療した犬歯が緩み隣の歯との隙間が大きくなり谷になり食べ物が落ちて挟まった不快感がでたのでしょう。そこを無理にブラシでつついたから。歯茎を痛め歯痛が発生したのでしょう。原因となった谷を塞ぐ処置をしますから、これから食べ物が落ちなくなります。ブラシの使い方を練習して治療を終えます。」と傷み止めとブラシの消毒剤をもらって歯科医院を出た。家を出て30分の徒歩で医院までのウォーキング。道端の日本水仙やタンポポを愛でながら散歩だと冬の陽射しを背に浴びながら乙な気分に浸り歩きました。小生も今年75歳「年をとるとまず歯、次に目そしてなんとやらと言われますが」今年は日々充実で過ごしたいと年頭に考えました。今年もよろしくお願い申し上げます。  

豊前・豊後の旅(大分県)

 投稿者:木下 英一  投稿日:2014年12月 8日(月)23時55分51秒
  浅野さん、「あすか探訪」に対する暖かいコメントとありがとうございます。
 ところで、歴史をひもときながらの九州の旅、さぞワクワクされたことでしょう。
「軍師官兵衛」ゆかりの中津市(中津城、合元寺)を皮切りに、竹田市(岡城跡、竹田城跡:滝廉太郎の「荒城の月」)臼杵市がどの辺にあるのかもわからず、地図をながめながら、自分も旅をしている気分で、楽しく読ませていただきました。
紅葉もきれいですね。
ありがとうございました。
 

豊前・豊後の旅(大分県)

 投稿者:浅野秀夫  投稿日:2014年12月 5日(金)17時34分15秒
編集済
   先般の奈良クラス会「あすか探訪」、木下さん、関西在住の方々、綿密かつ詳細な計画、本当にありがとうございました。ガイド付き、非常に有意義な研修になりました。
 11月26~28日、かつての同僚らと、大河ドラマ「軍師官兵衛」ゆかりの地、中津市へ。
中津城を築城、この城は、高松城(香川)・今治城(愛媛)とともに日本3大水城の一つ。周防灘に流れ込む中津川に面しており、川を自然の堀として使えるうえ、水陸交通の要地。天守閣からその様子がわかった。入場に際し、75才以上は無料であった。
次に、合元寺(赤壁寺、周囲の塀は赤色)見学。黒田氏が中津城内で宇都宮鎮房を討ち、この寺で待機していた従臣たちを殺害。その時の血が何度塗り替えても染み出てくることから、遂に壁を赤色に塗るようになったといわれている。寺の庫裏の柱には当時の刀傷の痕が残っているのを確認できた。ここを後に、久住高原温泉の宿舎に。
27日:昨夜のテレビで阿蘇山の噴煙あり、本日訪ねる竹田市で降灰がありとの報道、朝、窓を開けると、西南方向に阿蘇のかすかな噴煙を望見。山を下り竹田市へ、噴煙の心配なし。岡城跡(標高325mの阿蘇溶結凝灰岩の台地上にあり、全体の実面積は、約1,000,000㎡にもおよぶ広大な城跡、外観から別名牛の伏せた姿を意味する「臥牛城」と呼ばれる、初代藩主は中川秀成)は天空の城で有名な竹田城跡(自分は平成20年10月訪問、 平成24年、高倉健主演映画「あなたへ」への公開直後、鑑賞したが、ロケ地の映像がすぐ確認できた)にならいここ岡城跡もこれで売り出している様子。入場料を払い、「登城手形」を持って城跡へ、思ったより広い。滝廉太郎は少年時代を竹田で過ごし、荒れ果てた岡城に登って遊んだ印象が深かったとされ1901年に中学唱歌「荒城の月」を作曲、発表している。城内の茶店からはこの曲が流れている。また彼の銅像も設置されている。
次に市内散策。滝廉太郎記念館(旧宅)、十六羅漢の石仏、愛染堂(願成院本堂、ここは岡藩主の祈願寺)、へ、御堂の回りを時計の反対方向に3回まわれば、願い事がかなうと教えられたので実行し、皆の健康を願った。平素は中に入れないが、外にいた住職の計らいで中に入れてもらい話を聞く。堂内は一室で柱がない市最古の特殊な建造物で国指定重要文化財。あと武家屋敷通り、キリシタン洞窟礼拝堂、「旧竹田荘」(文人画家)を見学。
午後の残りを久住高原、牧ノ戸峠までドライブ、宿泊地、長湯温泉に。今日1日携帯履歴によると自分の歩幅で11098歩であった。
28日:竹田市より臼杵市へ。臼杵城跡(大友宗麟、が築城)を見学。次に津久見市へ。キリシタン大名として知られる大友宗麟終焉の地、少し小高い丘にある「大友宗麟墓地公園」キリスト教式の墓にはローマ字の碑銘、すぐ近くには日本式の墓も、銅像も建立されていた。
ここを最後に東九州自動車道「大分光吉」ITより宇佐別府道路、一般国道経由、行橋ITより高速道で帰途に。同僚が企画し、業者に一切頼らず手作りの旅行。6人が1台の自家用車(ミニバン)で。高速・ガソリン代、3日で1人5、500円、総行程1223㎞の旅だった。
*ガソリン1リットル、現地で入れた最高172円、新倉での清算時、144円なり。
写真上:中津城、中:合元寺(赤壁寺)下:岡城跡から下の駐車場(ここは麓から中間に位置する)城跡全体が表現できないのが残念。紅葉は美しかった。

http://

 

竹田城跡と丹波紅葉名所

 投稿者:木下 英一  投稿日:2014年11月29日(土)15時31分27秒
  田辺さん、紅葉ツアーのレポートありがとうございました。
天空の「竹田城跡」と「洞光寺」の紅葉狩りは好天に恵まれ、さぞ美しかったことでしょう。
紅葉の写真を拝見すると、2010年の宇奈月温泉でのクラス会の時、ロープウエーから眺めた紅葉の大パノラマを思いだします。
http://www3.kcn.ne.jp/~kinosi/tamako/unaduki.htm
この年になると、昨夜食べた食事内容は覚えられませんが?(^_^;、美しい風景はいつまでも心に残るものです。
今年は秋が短く、挽夏から一挙に冬へと季節が飛んでいるようで、紅葉はうまく見られないかもしれませんが、紅葉でなくても、四季折々の風景は、心を癒してくれるものです。
近場の風景でも、おゝきれい!と感じた風景がありましたら、このページにどしどし投稿して頂けませんか。みんなで楽しみを分かち合いましょう。
 

竹田城跡と丹波紅葉名所

 投稿者:田辺 誠一  投稿日:2014年11月26日(水)14時23分55秒
編集済
  先日のクラス会「あすか探訪」にご参加いただいた方、ご遠方よりありがとうございました。
また、ご療養中等で参加頂けなかった方、一日も早いご回復をお祈りいたします。


 11月23日の勤労感謝の日に日帰りバスツアーで、いま話題の「竹田城跡」と丹波篠山の紅葉名所「洞光寺」(とうこうじ)へ行ってきました。
三連休の中日、紅葉シーズン、好天と相まって、訪問先は、車と人であふれていましたが、大渋滞にも遭わず、快適なバスの旅を楽しむことができました。

≪竹田城跡≫
 兵庫県朝来市(あさごし)の標高354mの山頂に1443年に築城された南北400m、東 西100mの総石垣城郭。
 雲海に浮かぶ古城跡は、幻想的で、別名「天空の城」、「日本のマチュピチュ」とも呼ばれ ていることは、ご存じのとおりです。
 午前9時過ぎにふもとの駐車場に到着。シャトルバスに乗り換え後、さらに徒歩で20分余りで山頂に。ふもと付近まで朝霧が立ち込めていたのですが、山頂に到着したころは、霧もすっかり消滅、残念ながら、雲海には遭遇できませんでした。
 しかしながら、山頂からは紅葉の丹波の山々を眺望、戦国時代の城主の気分も味わいました。
 先日亡くなった高倉健さん主演映画「あなたへ」のロケ地としても有名になりましたが、偶々、当日夜のテレビ追悼番組としてこの映画が放映されていました。

≪洞光寺≫
 兵庫県篠山市の市街地から北東部へ車で15分のところに位置する南北朝時代に建立された曹洞宗の古刹。山のふもとに建つ目立たない小さなお寺ですが、参道や境内のもみじとイチョウの紅葉は、ピークは過ぎたものの、菖蒲池にも映えて素晴らしく、見ごたえがありました。






 
 

「あすか探訪」クラス会

 投稿者:木下 英一  投稿日:2014年11月17日(月)16時02分36秒
  菊池さん、クラス会ご参加ありがとうございました。
そして、何かとご多用の中ご参加頂きました皆さま、交通不便な今回のクラス会「あすか探訪」に多数ご参加頂き、本当にありがとうございました。

皆さまのご協力により、無事に予定のコースを訪問することができましたこと、心からお礼申し上げます。

昨日(11月16日)、参加された皆さまには、収支報告書と集合写真(6枚)をお送りしましたので、一両日中には届くかと存じます。

今回残念ながら、療養中で参加できなかった皆さまの、早いご快復をお祈りしております。

そして、今回のクラス会の下見からはじまり、当日色々お世話下さった関西地区の皆さん、本当にありがとうございました。
 

ありがとうございました

 投稿者:菊池孝  投稿日:2014年11月16日(日)09時15分21秒
  木下さん、並びに関西の方々、クラス会・あすか探訪の旅をアレンジしていただき、ありがとうございました。
お陰で懐かしき皆様にお会いし、しかも古き都を散策して古に思いを馳せることもでき、大変充実した時を過ごせました。
ちょっと残念だったのは、体調不良で急遽欠席された方々が多かったことです。
この場を借りて、御見舞い申し上げますと共に、次回元気な姿でお会いできますよう、お祈りしております。
 

恩師訃報

 投稿者:浅野秀夫  投稿日:2014年10月13日(月)16時11分16秒
編集済
   小池彰郎先生がお亡くなりになりました。本日(10月13日)告別式に参列しました。
喪主(奥様)のご挨拶で、以前から体調を崩していたそうですが、8月ごろ骨折され入院、その後肺炎を併発、治療の甲斐なく亡くなったそうです(満85才)。心からご冥福をお祈りいたします。
 

同窓会総会とクラス会

 投稿者:香西観海  投稿日:2014年 8月27日(水)21時40分47秒
   8月24日、玉高の同窓会総会に出席しました。33年卒の出席は8名でした。
 今年は秋に奈良でクラス会が開催されるとあって、近畿地方在住者は全員ご欠席、また、女性軍は午後のクラス会から参加ということでご欠席。遠方からは平塚の逸見様がご出席で「遠距離参加賞」を受賞されました。他は野田特別参与をはじめ写真の常連?がご出席。会の方は例によって例のとおりでした。ただ、今年は創立110周年という節目の年で、学校の方は多彩な催しが企画されているようです。

 総会散会後は近くの食堂で女性の参加者も交じって、各自の健康状態や生活ぶり、同級生の近況報告などの情報交換をしました。
 秋のクラス会への参加予定や利用交通機関などに関心が寄せられましたが、具体的には決まりませんでした。申し込みはお早めに・・・・とのことでした。


 

http://www.kcv.ne.jp/~kigyou-d/

 

あすか探訪

 投稿者:木下英一  投稿日:2014年 7月 8日(火)23時33分6秒
  田岡さん、お久しぶりです。いつもユーモアたっぷりの投稿楽しく拝読していたのに、最近お目にかかれず、寂しく思っていたところです。
目下左足がご不自由とのことですが、この年になると体のあちこちに不具合がでてくるものですので、無理のない範囲でゆっくリハビリなどしてください。
秋のクラス会は残念ですが、不参加されること承知しました。急ぎご連絡頂きありがとうございました。またそのうちお会いできる日を楽しみしています。
 

あすか探訪

 投稿者:田岡幸雄  投稿日:2014年 7月 8日(火)19時27分35秒
  「あすか探訪」と聞いて勃然と食指が動きました。本当に素晴らしい企画で懐かしい皆様にもお会いできるので、ぜひ出席をと考えたのですが、小生、左足にしびれが生じ歩行もままなりません。実施がまだ大分先なので、それまでにリハビリに努めれば、なんとなるかとも思うのですが、欠席の申し出は早めにと思いご連絡申し上げます。  

九重連山トレッキング

 投稿者:香西観海  投稿日:2014年 7月 7日(月)12時35分34秒
編集済
   浅野さん、県内に面白いところがあるのですね。
 私は、同じ頃、夫婦で大分県の「くじゅうの山」を歩きました。
 かねてから「坊がつる賛歌」を通じて知ったこの山々を、ぜひ行ってみたい処と思っていたのが、ようやく念願が叶いました。
 ミヤマキリシマは咲き始めたところで「燃えるような山肌」ではありませんでしたが、新緑と澄んだ青空を満喫しました。
 途中で立ち寄った「地熱発電所」は今後のわが国のエネルギー政策を考える上で大変参考になりました。

 夏の「同窓会総会」と秋の奈良での「クラス会」のご案内をいただきました。共に出席したいと楽しみにしています。そのときには「鼻笛」をお聴かせしましょう。

【写真説明】 ①後方の山が久住山 (1,787m)  ②タデ原湿原と三俣山(左方向奥に「坊がつる」がある) ③国内最大規模の八丁原地熱発電所
  
 

"夫婦岩”(成羽町)紹介

 投稿者:浅野秀夫  投稿日:2014年 6月 9日(月)10時44分32秒
編集済
  5月25日、岡山高退教主催、自然歴史探訪に参加(21名)。行程の一つに“夫婦岩”が。
説明看板に「石灰岩が浸食された大塊からなり、夫岩高さ12m、妻岩16m、愛児のような岩を抱いている。夫岩の方が基盤が高いため、妻岩より高く見える。夫婦岩は海抜400m、石灰岩の大地にそびえる。このあたりは珍しい石灰岩植物が自生し、眼下には成羽川が流れ絶好の眺望の場所である。この夫婦岩はこれまで交通不便のため広く世に知られるところとならなかったが、大きさは二見が浦の夫婦岩(三重県)の約2倍、わが国では比肩するものがないほど壮観といわれている。」と記され、備北の幹事会員以外、参加者の大部分はこの存在を知らなった由、自分も初めて知った。V字谷の奇観“夫婦岩”を両方向から見る展望台が整備されている。観光バスはここまで入れず、我々、定員一杯のマイクロバスがやっとの状態。
ここ以外、山室軍平(キリスト教伝道師=牧師、日本救世軍司令官中将)の生家、顕彰碑(本郷小学校内)、「すずらんの園(おもつぼ湿原)」、「万歳の泉」「村郷別離の碑」(旧本郷村)を見学。
*香西さんの「金時山山頂で鼻笛ライブ」の動画、見させてもらいました。めずらしい民族楽器があるものですね。
写真上:夫婦岩アップ、右夫岩、左妻岩
写真下:眼下に成羽川
 

金時山山頂で鼻笛ライブ

 投稿者:香西観海  投稿日:2014年 4月28日(月)00時29分37秒
編集済
   かすみ橋メンバーズの皆さんお元気ですか?
 私は息子の招きで、家内と4月24日~26日の3日間、箱根に滞在し、この内の1日箱根に別荘を持つ友人と「金時山」(標高1,213m)へ登りました。
 たまたま「鼻笛(別名 Nose Flute)」を持っていたのでこれを吹いていたところ、友人がYouTubeに動画を掲載しました。
 演奏自体は稚拙なもので、特にお聴かせするほどのものではないのですが、Netで公開しているということをお知らせしたく「ひろば」でご紹介します。

 私が鼻笛に関心を持ったのは、昨年南米旅行をした際「アマゾンの原住民が鼻で笛を吹く・・・」という話を聞き、興味を持ったのが始まりで、私の鼻笛歴はまだ1年に達しません。
 ご希望が有れば、秋の「奈良同窓会」で披露させて頂きます。

 Netの視方は、Googleの検索窓に「金時山山頂で鼻笛ライブ」と入れて検索すると目次が出ます。
 下記のURLをクリックしても一部視られます。
 元々こんな形で公表する積もりもなく、本気で吹いたわけではありませんので、念のため。

 ではまた。

[写真]①金時山で ②お気に入りの鼻笛 ③大涌谷でバンザーイ(家内と長男家族)


 

https://www.youtube.com/watch?v=C5yNbJNsb1k?rel=0

 

秋のクラス会下見(4)

 投稿者:木下英一  投稿日:2014年 3月 9日(日)14時24分3秒
  3月1日(土)、朝10時前に関西在住の女性(4名)と小職は近鉄「大和八木」駅に集合、10時20頃に「かつらぎの森」で田辺さんと落ち合いました。宿での打ち合わせ&下見を終えたのはもう11時を過ぎていました。

そこで橿原神宮は通過し、高松塚古墳に直行。国営飛鳥歴史公園に車を止めて、ぶらぶら歩くこと約10分で高松塚壁画館に到着。壁画館近くの古墳は土で盛られていますが、壁画を取り出す前は竹藪で覆われていました。(激しく傷んだ壁画は目下明日香村で修復作業中)

高松塚古墳を後に、途中橘寺を南に見ながら「石舞台」へ。ここで昼食場所の下見をすべく「あすか野」で昼食。味が「観光地にしては良い」と全員の意見で本番の昼食はこちらで設定することになりました。(2Fの団体の食事部屋を予約)

食後、石舞台を畑の上から見物し、天候があやしくなってきたので急ぎ甘樫の丘へ。甘樫の丘へ着いた頃には小雨がぽつりポツリ。駐車場からブラブラ上ること約10分で頂上に到着。
天気が良ければ大和三山、二上山、あすか村が大パノラマで見渡せるのにあいにくの天候となり、すべて遠くに霞んでしまった。ああ無念!丘を降りる頃にはホンブリとなりました!

この後、橘寺近くの「太子の湯」で飲み物と串団子でホッと一息入れながら本番当日のスケジュール等を打ち合わせ。関西人全員で皆さんをお迎えできることを楽しみに、16時ごろ大和八木駅で散会しました。参加頂きました皆さん遠路お疲れ様でした&ありがとうございました。

写真上:高松塚古墳にて
写真中:甘樫の丘の頂上で。雨がかなり降り出しました
写真下:霞んで見える畝傍山。畝傍山の山麓に橿原神宮があります。
 

秋のクラス会下見(3)

 投稿者:木下英一  投稿日:2014年 3月 9日(日)11時58分56秒
  昼食場所は「石舞台」のすぐそばにある「あすか野」でとることにしました。食事のための車での移動時間が要らないこと、こちらで女性陣は鍋焼きうどんを、男性はうどんと古代米を食べましたが、観光地にしては味がしっかりしていた事が決め手になりました。料理は秋が近づいて、メニューを確認してから決めたいと思っています。

写真上:「あすか野」の全景。古代米、各種みやげ物も売っています
写真中:2Fの食事部屋(田辺さん撮影)
写真下:「あすか野」の敷地内にあるログハウスで各種ソフトクリームが楽しめます(300円~500円)東野幸治と浜ちゃんもここで昨年TV番組でソフトクリーム(あすかルビー入り500円)を食べていました
 

秋のクラス会下見(2)

 投稿者:木下英一  投稿日:2014年 3月 9日(日)11時07分30秒
  「かつらぎの森」の施設

写真上:浴場(小)(3F)
写真中:浴場(大)(3F)
写真下:喫煙コーナー(3F) たばこ愛好者はこちらでゆっくりと喫煙ください
 

秋のクラス会下見(1)

 投稿者:木下英一  投稿日:2014年 3月 9日(日)10時54分42秒
編集済
  昨日、奈良は小雪が散らつき、3月になっても寒い日が続いています。やはり「お水とり」が終わるまで春はおあずけでしょうか。
ところで、3月1日(土)に田辺(誠一)さんの呼びかけで、関西在住の浅野(旧武政)、佐藤(小野)、田辺、那須(香西)、藤田(金辺)各氏と木下の計6名で宿泊場所「かつらぎの森」、及び昼食場所を中心に下見をしてきました。
「かつらぎの森」は林に囲まれた閑静な山麓に佇んでおり、クラス会が行われる11月ごろから一部紅葉が見られるそうです。
我々の宿泊部屋(いずれも和室)は3階を借り切り、大、小の浴場、自販機、談話スペースが利用できます。

写真上:宿舎「かつらぎの森」、正面からの風景
写真中:宿泊部屋(3F)
写真下:宴会場(1F)、畳に椅子が置かれています
 

葛西選手に“おめでとう!”を

 投稿者:香西観海  投稿日:2014年 2月16日(日)11時29分8秒
編集済
   二週に亙る降雪、当方では晩柑類、枇杷などの果樹や、庭樹の一部に倒伏、枝裂けなどがありましたが、メンバーの皆さん、被害やお怪我はございませんでしたか? 特に、関東方面は降雪が激しい様ですが・・・。

 連夜、ソチ五輪のテレビ観戦で寝不足が続いていますが、昨夜は葛西選手の大ジャンプでの銀メダル獲得の栄誉に喝采を贈りました。 風向きによる加・減点調整がありますが、年齢の加算点でもあれば立派な金メタルでしょうね。
 加齢の負担に負けず、目標に向かって体力維持に努め、成果をあげた姿勢には、若き金メダリスト羽生選手とはまた違った感動を覚えます。 後続の競技でも好成績を祈ります。

 話は変わりますが、WindowsXPが来月末でサポート終了となることから、Windows8を導入して目下移行作業をしています。マニュアル本を片手に、出来るところから取り組んでいます。
 この投稿は新PCによる初めての投稿です。果たしてうまくいくかどうか・・・・?

 (なお、今回は写真・動画はありません。)
 

レンタル掲示板
/6